このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

おみどり神事 17か所

更新日:2012年3月1日

「おみどり神事」について

おみどり神事

文化財の区分

松山市指定無形民俗文化財

指定(登録)年月日

平成16年12月15日 指定

所在地及び所有者(管理者)

松山市中島諸島内各集落 中島諸島内各神社

解説

 中島諸島内の神社17社の秋季例大祭の宵祭りに神事として行われる行事である。折居祭りともいう。
 神社・鳥居などの形に切り抜いた白紙を貼りつけた四角い木枠を神社拝殿の中央に吊り下げ、これに神饌を供し、神主の皇代記などの神楽歌に続き五穀豊穣、祈願者の家内安全等を奏上する祝詞の後に、神社の天井に吊るされた木枠を上下させ、地区住民等がその切り紙を奪い合う「おみどりひき」をする。
 神迎えの設備を折居(おりい)といい、氏子が諸顔成就を祈念して寄進する慣わしである。また、「おみどり」を竹に挟んで大根畑に立てると虫がつかないという言い伝えがある。
 中島・吉木にある五十鈴神社の伝説では、吉木の沖合いにある小島にかつて厳島神社が奉斎されており、或る年、神主が大晦日の真夜中に社参したところ、天狗が現われ、神徳を語り、「祭礼に天神地祇八百万神を祭る神事を行い、おみどりを授与すれば、病気災難を除く」とのお告げがあり、それ以来「おみどり神事」を行うようになったという。
 愛媛県下では、他に類例のない神事で、荒神神楽の曲目の一部が残り、神事化したものといわれているが、詳細は不明である。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

市指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.