このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

郭公堂の千手観音像 1躯

更新日:2012年3月1日

「郭公堂の千手観音像」について

郭公堂の千手観音像 1躯

文化財の区分

松山市指定有形文化財(彫刻)

指定(登録)年月日

昭和43年10月 指定

所在地及び所有者(管理者)

松山市中島大浦 長隆寺

解説

 長隆寺本堂(郭公堂)に安置している本尊であり、閻浮壇金の千手観音として25年ごとに開帳される(前回開帳は平成16年(2004年))。秘仏として中島の島民の崇敬を受けている仏像である。
 仏像の額には、1寸8分の金の観音像が秘められ、忽那諸島開発の伝説を伝えている。
 忽那諸島開発の元祖といわれる藤原親賢は、『忽那島開発記』(天正15年、1587年)や『忽那氏系図』によると藤原道長の後裔とされる。親賢が遠流に処せられ、船が忽那島に碇泊したとき、夜中、郭公の声がしきりに聞こえたので夜明けを待って上陸し、鳥の鳴き声に誘われ、大里山の一角に観音像を得、一堂を建て「郭公堂」と号した。親賢は、忽那氏を名のって中島本島の開拓を行い、「郭公堂」を忽那一族の氏寺としたと伝えられる。

※ 閻浮壇金(えんぶだこん)閻浮提(えんぶだい)(仏教の世界説で須弥山の南方にあるとされる島の1つで、諸仏に会い仏法を聞くことができる唯一の島。人間世界。)の大森林を流れる河に産するという砂金。最も貴重な金とされる。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

市指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.