このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

大般若経 600巻

更新日:2012年3月1日

大般若経(だいはんにゃきょう)」について

大般若経 600巻

大般若経 600巻

文化財の区分

松山市指定有形文化財(典籍)

指定(登録)年月日

昭和43年10月 指定

所在地及び所有者(管理者)

松山市二神 安養寺

解説

 紙本、大般若波羅密多経600巻である。そのうち奥書のあるものをみると、最も古いものでは久安3年(1147年)があり、元徳 2年(1330年)、貞和2年(1346年)、延文6年(1361年)、永享3年(1431年)、永享6年 (1434年)がそれに続き、寛永13年(1636年)に書写したものに及んでいる。
 久安3年(1147年)の分は、愛媛県下で最も古い写経として注目すべきであるが、この経巻の由緒については、他に史料がなく不詳である。元徳2年(1330年)の「大願主二神島住人沙弥法善」や、貞和2年(1346年)の「於二神嶋八幡宮御前修覆了 大願主法善」などの記述からは、法善すなわち二神吉種が願主となって経巻を施入したこと、更に吉種がこの島の領主の地位にあり、この時期にはすでに二神島八幡宮が建立されていたことが明らかで、この八幡宮の別当職を安養寺が留保していたと考えられている。
 大般若経は、二神島の歴史や二神氏の動静を知る上で貴重な典籍のひとつである。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

市指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.