このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

毘沙門堂の秘仏 1躯

更新日:2012年3月1日

毘沙門堂(びしゃもんどう)の秘仏」について

毘沙門堂の秘仏 1躯

文化財の区分

松山市指定有形文化財(彫刻)

指定(登録)年月日

昭和43年10月 指定

所在地及び所有者(管理者)

松山市神浦 神浦地区

解説

 秘仏と呼ばれるのは、中島・神浦にある西方山毘沙門堂の本尊で、毘沙門天像である。
 この毘沙門天像は、忽那義範が洛北・鞍馬寺から迎えたといわれる。忽那義範は、忽那諸島に拠り、南北朝時代に宮方として活躍した在地勢力である。義範は、はじめ山口・柱島の地頭であったが、元弘3年(1333年)の元弘の役に後醍醐天皇に応じ、伊予本土における土居通増・得能通綱らと結んで喜多・越智両郡の幕府勢力打倒に奮戦、さらに長門探題・北条時直の軍を星岡に撃破したとされる。また、建武の新政ののちも義範は、暦応2年(1339年)、征西将軍として後醍醐天皇の皇子・懐良親王が忽那島に滞在の折には援助、伊予における宮方の統率者として活躍した。義範の没年は不明であるが、彼に関係した文書で正平11年(1356年)より後のものがなく、この時から遠くは隔たっていない時期であろうといわれている。
 この毘沙門天像は4年毎に開帳され、住民の信仰を集めている。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

市指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.