このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

南宮の戸貝塚

更新日:2012年3月1日

南宮の戸(みなみみやのと)貝塚」について

南宮の戸貝塚

文化財の区分

松山市指定記念物(史跡)

指定(登録)年月日

昭和53年7月10日 指定

所在地及び所有者(管理者)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市高田(外部サイト) 個人所有

解説

 櫛玉比売命神社に続く丘の南方を「南宮(みなみみや)の戸」と呼ぶ。
 畑の一部、地表約1mの深さのところから淡水産の貝(シジミ・タニシ・カワニナ等)・海産の貝(アサリ・イタヤガイ・オキシジミ・ヘナタリ・サザエ・キシャゴ・ハマグリ・マテガイ等)、20種類に及ぶ貝殻とともに猪・鹿の骨・石鏃・土錐・石包丁などが発見された。
 土器類としては、(くび)、腹に数条の凸帯のある阿方式土器片が出土され、上下凸帯間の胴にヘラや木の葉連続紋のある土器も発見された。その他貝殻復縁を押つけて、点線状に木葉文をあらわしたものが見られた。これは古代の文化伝達経路を知る重大な手がかりの一つとなるものである。
 ここに貝塚があることによって、狩猟時代に早くも、風早の地に人間が住み着いた場所が、この辺りであることを示している。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

市指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.