このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

常燈の鼻

更新日:2012年3月1日

常燈(じょうとう)の鼻」について

常燈の鼻

文化財の区分

松山市指定記念物(史跡)

指定(登録)年月日

昭和57年8月20日 指定

所在地及び所有者(管理者)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市津和地(外部サイト)  公有地ほか

解説

 寛永14年(1637年)に松山藩によって設置された常燈堂の跡地である。
 松山藩が直営の公儀接待処として「お茶屋」を開設すると、津和地港の船の出入りは頻繁になってきた。
さらに、寛永14年(1637年)10月に島原の乱が起きると、松山藩は11月には島原に出兵、軍団や軍用品などを送るため、内海航路の整備の一環として津和地港の入口・島の東の出崎に常夜燈を設置した。以来、この場所を「常燈鼻」と称するようになったという。
 「常燈」は石灯台で、点灯の形式は高知県梼原町立民俗資料館蔵のものと全く同じである。火番(不寝番)が常時2名ついて薪を石燈に入れて灯を点したという。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

市指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.