このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

三上是庵の墓 1基

更新日:2021年5月11日

三上是庵(みかみぜあん)の墓」について

三上是庵の墓

文化財の区分

松山市指定記念物(史跡)

指定(登録)年月日

昭和45年5月18日 指定

所在地及び所有者(管理者)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市朝日ヶ丘1丁目(外部サイト) 宝塔寺

解説

 三上是庵(1818年〜1876年)は、松山藩士で幕末から明治初期に活躍した崎門派の儒者である。文政元年(1818年)生まれ。名を景雄、通称を新左衛門、号を是庵といった。好学の士で、13歳のころには『近思録』・『文選』等を読破していたという。17歳の時、明教館教授の高橋復斎や村田箕山について朱子学を修めたが、翌年藩命によって江戸に遊学し、崎門派の西川楽斎について精進した。是庵は父母を喪い一時帰郷、藩に出仕したが青空の志を抑えることができず、天宝14年(1843年)26歳の時、藩を辞して再び東上、崎門学を奥平栖遅庵(せいちあん)について研究し、梅田雲浜、吉田松陰らと住来して時局を論じた。その後、綾部藩の九鬼氏に、また田辺藩の牧野氏のもとに儒臣として仕えたが、慶応3年(1867年)に辞去して松山へ帰った。彼の名声が高かったので、藩の要職にあった藤野海南(正啓)は、彼を藩主松平定昭の顧問とした。
 王政復古後の慶応4年(1868年)に戊辰の役がおこり、松山藩は、旧将軍徳川慶喜に近かった関係から、朝敵の汚名のもとに討伐をうけることになった。海南らは是庵を三之丸に迎え、新政府に対する態度を協議したが、この時、是庵は恭順論を主張し、藩主父子は城を出て謹慎するように勧めた。その結果、藩主らは常信寺に入って謹慎の意を表したので、土佐藩兵が松山藩領に進駐した時も、何等の事変も起こらなかった。明治4年(1871年)、彼は三上学寮と称する私塾を開いて、後進の指導に当たった。同9年(1876年)に58歳で病没し、宝塔寺に葬られた。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

市指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.