このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

宮内伊予柑母樹 1本

更新日:2012年3月1日

宮内伊予柑(みやうちいよかん)母樹」について

宮内伊予柑母樹

文化財の区分

松山市指定天然記念物

指定(登録)年月日

昭和52年3月25日 指定

所在地及び所有者(管理者)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市平田町(外部サイト) 個人所有

解説

 ミヤウチイヨカンは昭和30年(1955年)に、宮内義正氏が経営しているミカン園のイヨカンの1株の中、1枝から発見し、この枝を元に、接木によって苗木の育成を行い、栽培に努力した結果、非常に優良な形質を持つ芽条変異であることがわかった。その後さらに愛媛県果樹試験場および温泉青果農業協同組合の調査によっても、その優秀性が確認されたので、昭和41年(1966年)には「宮内伊予柑」として農林省に種苗登録がなされ、全国的に注目されるようになった。その特性は、在来の伊予柑に比して、豊産である、隔年結果が少ない、20日ぐらい早く熟成する、結実が多い、果実は大きい、果肉はやわらかく果汁も多い、また果皮は薄く濃い橙色で光沢があり美しい、さらに種子の数も少ないなどである。
 宮内伊予柑は、愛媛県内はもちろん、他県の各地でも栽培され、好評を博している。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

市指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.