このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

日吉神社本殿 1棟

更新日:2021年5月12日

日吉神社(ひよしじんじゃ)本殿」について

日吉神社本殿 1棟

日吉神社本殿 1棟

文化財の区分

松山市指定有形文化財(建造物)

指定(登録)年月日

平成11年2月16日 指定

所在地及び所有者(管理者)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市南梅本町(外部サイト) 日尾八幡神社 (南久米町)

解説

 日吉神社本殿は、一間社流造、屋根銅板葺(後補)、正面向拝(ごはい)上に、軒唐破風、千鳥破風を置き、棟に千木(ちぎ)堅魚木(かつおぎ)を備える。三手先肘木の腰組、向拝方柱上の大斗などに大仏様がみられる。
 向拝の虹梁(こうりょう)蟇股(かえるまた)・木鼻・兔毛通し(うのけどおし)手挟み(たばさみ)懸魚(げぎょ)・尾垂木から脇障子にかけて彫刻が随所にみられ、妻側の板壁もレリーフ状に図柄が彫られる。精緻で巧妙な彫刻を多用した社殿は、長州大工の作風に類似しており、道後平野(旧松山藩領)では余り目にしないものである。
 棟札によると、棟梁の田中冨次清行、門人の高石源次は温泉郡中島町(現・松山市)の出身、肝煎兼彫刻師の友澤彌三郎為義は北梅本町の人である。
 愛媛県下の古建築は、本州から職人を招く「本州依存型」のものが多い。本殿は、明治15年(1882年)の建築ながら、県人工匠のみの手で伝統的な建築手法を用い、彫刻も長州大工と優劣を競う作品であることは郷土建築史上、特筆すべき建物である。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

市指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.