このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 観光・イベント の中の 松山市観光ガイド の中の 松山の歴史・文化 の中の 指定文化財 の中の 市指定文化財 の中の 葛掛五社神社社叢及び蛇の釜並びに龍王渕衝上断層 のページです。

本文ここから

葛掛五社神社社叢及び蛇の釜並びに龍王渕衝上断層

更新日:2021年5月6日

葛掛五社神社社叢(かつらかけごしゃじんじゃしゃそう)及び蛇の釜(じゃのかま)並びに龍王渕衝上断層(りゅうおうぶちつきあげだんそう)」について

葛掛五社神社社叢

蛇の釜

文化財の区分

松山市指定天然記念物

指定(登録)年月日

昭和43年10月25日 指定

所在地及び所有者(管理者)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市久谷町(外部サイト) 葛掛五社神社

解説

 坂本地区奥久谷にある。神社の森は広くはないが、老樹大木が多く、なおかつその樹下には各種の低木・草本が密生し、うっそうと茂って昼なお暗い。その中にイチイガシ5本・ウラジロガシ6本・カゴノキ6本の大木とヤブツバキの大きなもの2本などが特に目立ち、それらのうちには幹囲5mを超す巨木もある。このように種々の大木がそろった植生の森は、松山城山樹叢を除き他に類例のない存在である。またこの社叢はイチイガシの大木が多いのが特徴で、貴重である。社殿の前にはイチョウがあり、雌株で胸高幹周4.5m、高さ約33m、樹齢300年以上と推定される。この木の葉は多くのラッパ形葉を生ずるのが、極めて珍奇で、貴重な存在である。その他この森の植生は、高木層にヒノキ・カゴノキ・カヤ・ツブラジイ・シリブカガシ・ヤブニッケイ・サカキ、亜高木層にモチノキ・ネズミモチ・ホソバタブ、低木層にナンテン・イズセンリョウ・イヌビワ・ホソバイヌビワなど、草本層にムラサキニガナ・クサイチゴ・フユイチゴ・ヤマハッカ・シャガ・ハナミョウガ・アオテンナンショウ・ベニシダ・ホソバカナワラビ・コバノカナワラビ・ヤマヤブソテツ・ヒメクラマゴケなど多数の種類がある。
 蛇の釜と衝上断層は、神社より約600m手前のバス停から下った久谷川の河床にある。蛇の釜は永年にわたる久谷川の侵蝕によってできた1種の甌穴(かめあな)である。蛇の釜には一つの俗説がある。それはオントル・メントルという釜があり、かつて雌雄2匹の蛇が棲み、鍋蓋ほどもある大カニが見られ、また30cmほどのジャムシも泳いでいたといわれている。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

市指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.