このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

天山神社北遺跡出土遺物 一括

更新日:2014年7月29日

「天山神社北遺跡出土遺物」について

天山神社北遺跡出土遺物 一括

天山神社北遺跡出土遺物 一括

文化財の区分

松山市指定有形文化財(考古資料)

指定(登録)年月日

昭和48年8月19日 指定

所在地及び所有者(管理者)

松山市南斎院町 松山市教育委員会

解説

 天山は、松山平野のほぼ中央部に在り、付近には、星岡・土亀山・東山とそれぞれ分離独立丘陵が形成されている。
 古くは『伊予国風土記』逸文に「伊予の郡。郡家より東北のかたに天山あり、天山と名づくる由は、倭に天の加具山あり、天より天降し時に、二つに分かれて…片端は此の土に天降りき。……」とある。
 天山神社北古墳(天山1号墳)は、開墾等により床面だけを残す状態で、石室形態は不明であったが、この面より奇跡的に銅鏡・鉄刀・子持付器台等が発見された。

  • 銅鏡(銘帯環状乳五神五獣鏡)1、鏡面径19.3cm・図文面径18.7cm・面の反り0.7cm・紐径3.1cm・紐高1.6cm・鏡縁厚0.7cm・中央部厚0.2cm。内区は三重圏文に続いて五神五玄武が配される。五玄武のうち二玄武の頭上には、姿の異なる朱鳥とみられるものが図文化されている。その外側に半円方形帯(半円8・文形8)があり、方形の部に伯子天王公□となっている。外区には銘辞帯を配し、その外は無文の平縁となっている。銘辞帯は49字前後が推定でき・陽覧覩方昭中央・左龍右虎辟不詳・朱鳥玄武順陰陽・服□□□…と7字句になり、漢時代の鏡の標本的な銘文が考えられ、また後漢時代の「清盖盤龍四神鏡」と同じ銘字である。国内には同范鏡の出土はみられていない。倭の五王の時代に入手した中国鏡である。
  • 鉄刀 全長113cm・刀身長93cm・中心長・切先長2cmで直刀の大刀である。その他の鉄器類として刀子・鉄鏃・釘等が出土している。
  • 古墳築造時前のピット状遺構より弥生後期に属する甕形土器・壺形土器・台付壺形土器・高坏・器台等の一括遺物が出土している。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

市指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.