このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

金龍桜 1本

更新日:2014年8月21日

「金龍桜」について

金龍桜

金龍桜の花

文化財の区分

松山市指定天然記念物

指定(登録)年月日

昭和63年9月7日 指定

所在地及び所有者(管理者)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市東野4丁目(外部サイト) 愛媛県

解説

 和名キンリュウザクラは、サトザクラの優れた1品種である。根周りは67cm、地上65cmの幹周りが63cm、主幹より3支幹となり、樹高約5mである。花は淡紅色から白色、1枝の中に一重と八重が混在し、八重の花弁は約10枚、旗弁もある。
 金龍桜は、もとは摂津国古曽部(大阪府)の金龍寺に植えられていたが、桑名城主松平定綱が松平家菩提寺の照源寺(桑名市東方)へ分植した。「照源寺の桜は徳川時代初期以来存在している名木のひこばえとして、今日にその特徴を伝えているものである」と昭和9年(1934年)に国の天然記念物に指定されたが、同34年(1959年)伊勢湾台風の被害で枯れ、同41年(1966年)指定解除された。
 この木は、久松定武氏が松山藩祖定勝の菩提寺の照源寺から、金龍寺のひこばえを昭和45年(1970年)に譲り受けて、邸内に植栽したものである。
 キンリュウザクラは、植物学上稀品に属し、また由緒ある来歴などから、松山市の天然記念物に指定された。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

市指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.