このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

国民健康保険

制度改正等

はり・きゅう、あんま・マッサージ指圧の受領委任制度が始まります

国保の運営概況

平成30年4月から国保制度の一部が変わります

国保分野におけるマイナンバー(個人番号)利用開始に伴う変更点(平成28年1月1日以降)

総合窓口センター(市民課:本館1階)延長時等の国保手続き

国保の資格

国保に加入・喪失する人、保険証に関すること

郵送による国民健康保険喪失届の方法

国民健康保険証の有効期限と交付方法など

70歳の誕生日を迎えた人の負担割合

国保の住所地特例

【平成30年4月から】世帯の継続性の判定

国保の資格に関するよくある質問と回答

国保の給付

入院時食事療養費・入院時生活療養費

限度額適用認定証などの交付

国保の資格喪失後の診療にご注意ください

療養費

高額療養費

海外療養費

交通事故で診療を受けたとき

出産育児一時金

葬祭費

高額介護合算療養費

医療費のお知らせ(医療費通知)

一部負担金の減免等

国保の料金

平成30年度 松山市国保料

平成30年度国保料を試算してみよう

平成30年度その他(一部)減免<条例第24条>

(注意)株式や配当などの確定申告と国保料

納入通知書がお手元に届いたら

納入通知書の見方

松山市国保料(共通事項)

国保料所得申告書

国保料に関するよくある質問と回答

任意継続の保険料と国保料との比較

非自発的失業者に対する軽減措置(特例対象被保険者等に係る届出書)

後期高齢者医療制度への移行に伴う国保料の軽減等

国保の料金(過去の年度分)

平成29年度 松山市国保料

平成29年度国保料を試算してみよう

平成29年度その他(一部)減免<条例第24条>

平成28年度 松山市国保料

平成28年度の国保料を試算してみましょう

平成28年度その他(一部)減免<条例第24条>

国保の収納

国民健康保険料の納付方法(納付方法と納期限など)

【平成29年度発送分から】口座振替(自動払込)済通知書の見方

【平成26・27・28年度発送分】口座振替(自動払込)及び年金天引き済通知書の見方

社会保険料控除の申告等のための国保料納付証明書

国保料の年金天引き(特別徴収)

国保料の年金天引きとは

国保の年金天引きが始まる前のご案内(口座振替との選択可)など

年金天引きが開始(再開)された年度と翌年度以降の納付方法

年金天引きが停止(中止)になる場合とその後の納付方法

年金天引き世帯の世帯主が75歳になる年度の納付方法

保健事業

松山市国保から健康づくりのためのアンケート調査

こくほ・生活改善チャレンジ講座2018「糖尿病の重症化を防ごう」を開催します(講座終了)

松山市国保の保健事業実施計画(データヘルス計画)

特定健康診査と特定保健指導

セルフメディケーション税制に係る証明書の発行(特定健康診査の受診証明書)

糖尿病の合併症を予防するために

もっと知ってほしい、ジェネリック医薬品のこと

松山市国保はり・きゅう助成制度

過去の健康講座(保健事業)

こくほ・生活改善チャレンジ講座2017「糖尿病からあなたのからだを守ろう」を開催します(講座終了)

こくほ・生活改善チャレンジ講座2017「高尿酸血症からあなたのからだを守ろう」を開催します(講座終了)

「こくほ・生活改善チャレンジ講座2017」の様子

平成29年度国保いきいき健康講座〜ぽっこりおなかを解消〜を開催します(講座終了)

「こくほ・生活改善チャレンジ講座2016」の様子

本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.