このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 手続 の中の 国民健康保険 の中の 国保の給付 の中の 入院時食事療養費・入院時生活療養費 のページです。

本文ここから

入院時食事療養費・入院時生活療養費

更新日:2017年7月3日

マイナンバー(個人番号)利用開始に伴う変更点(平成28年1月1日以降)

  • 平成28年1月からは、世帯主と対象の方のマイナンバーのご記入、世帯主のマイナンバーの確認、そして窓口に来られた方の身元確認が必要になります。詳しくはこちらでご確認ください。

入院時食事療養費

 国保加入者の入院時食事代は、1食当たり360円が自己負担となり、残りを入院時食事療養費として国保が負担します。
 また、世帯主及びその世帯の国保加入者全員が市民税非課税の場合は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関の窓口に提示することで、入院時食事代(標準負担額)が下表のように減額されます。認定証を医療機関の窓口に提示しないと減額されませんので、必ず提示してください(認定証はこちら)。

入院時食事療養費標準負担額
区分

1食あたりの食事代

市民税課税世帯【※1】 360

70歳未満で市民税非課税世帯
70歳以上で低所得II()の世帯【※2】

90日までの入院 210
90日を超える入院

160

70歳以上で低所得I(いち)の世帯【※3】 100

※1 平成30年4月1日から460円になります。ただし、指定難病患者および小児慢性特定疾病患者の方は、260円に据え置かれます。
※2 市民税非課税の方
※3 市民税非課税世帯で、世帯全員所得なし(年金収入がある場合は、その額が80万円以下)

入院時生活療養費

 療養病床に入院する65歳以上の方は、食費(1食当たり460円)と居住費(1日当たり320円)を標準負担額として自己負担し、残りを入院時生活療養費として国民健康保険が負担します。
 また、世帯主及びその世帯の国保加入者全員が市民税非課税の場合は、「限度額適用・標準負担額減額認定証」を医療機関の窓口に提示することで、標準負担額が下表のように減額されます。認定証を医療機関の窓口に提示しないと減額されませんので、必ず提示してください(認定証はこちら)。
 なお、生活療養標準負担額は、医療と介護及び入院と在宅療養の負担公平化を図る観点から、平成29年10月と平成30年4月に段階的に変更されます。

医療の必要性の高い方の入院時生活療養費標準負担額 ※1
区 分
食費(1食あたり)
居住費(1日あたり)

市民税課税世帯

平成30年3月まで 360
※2 平成30年4月から 460円 

平成29年9月まで 0
平成29年10月から 200
平成30年4月から 370

70歳未満で市民税非課税世帯
70歳以上で区分II()の世帯

※3 210
70歳以上で区分I(いち)の世帯
100円   
医療の必要性の低い方の入院時生活療養費標準負担額
区 分
食費(1食あたり)
居住費(1日あたり)

市民税課税世帯

 ※2 460
平成29年9月まで  320
平成29年10月から 370

70歳未満で市民税非課税世帯
70歳以上で区分II()の世帯

210
70歳以上で区分I(いち)の世帯
130

※1 健康保険法施行規則第六十二条の三第四号の規定に基づき厚生労働大臣が定める者、又は、難病の患者に対する医療等に関する法律第5条第1項に規定する指定難病の患者が対象になります。(指定難病の方は、食費のみの負担になります。)
※2 医療機関の施設基準によって1食当たり420円で計算される場合があります。(市民税課税世帯の指定難病患者の食費は、1食260円に据え置かれます。)いずれに該当するかは直接医療機関にお問い合わせください。
※3 90日を超える入院(過去12ヵ月の入院日数)の場合は、1食160円になります。

標準負担額(入院時の食費・居住費)の差額支給

 下記に該当する方は、入院時の食費や居住費(標準負担額)について、実際に支払った額と本来の額との差額の支給を受けることができる場合があります。該当する場合は、別館3階の国保・年金課5番窓口、1階の福祉総合窓口、支所、出張所の各窓口で申請してください。

  • 急な入院で、認定証を医療機関の窓口に提示できなかったとき
  • 急な入院で認定証の交付を受けることができなかったとき
  • 長期入院該当となった認定証の交付を受けたとき

申請に必要なもの

  • 保険証
  • 認印
  • 入院費の領収書
  • 通帳など(金融機関の名称及び支店等名・口座番号がわかるもの)

※ 世帯主と対象の方のマイナンバーのご記入、世帯主のマイナンバーの確認、そして窓口に来られた方の身元確認が必要になります。なお、ご郵送での届け出に際しても、世帯主のマイナンバーの確認、そして郵送された方の身元確認が必要になります。詳しくはこちらでご確認ください。

お問い合わせ

国保・年金課 給付担当(5番窓口)
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館3階
電話:089-948-6361  FAX:089-934-2631
E-mail:kokuhonenkin@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.