このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

70歳の誕生日を迎えた人の負担割合

更新日:2017年3月31日

対象となる人

松山市の国民健康保険に加入している人が対象者になります。

国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証について

平成26年4月1日から、高齢受給者証と保険証が一体化となりました。
70歳の誕生月の翌月1日(1日生まれの人はその月)から適用となりますので、適用となる月の前月末までに国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証を郵送します。
保険証カードに関すること

一部負担金の割合について

一部負担金の割合は以下のとおりとなります。
2割負担になる方

平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方
(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)
国民健康保険被保険者証兼高齢受給者証に「2割」と記載されています。

3割負担になる方 以下の「現役並みの所得のある人の負担割合」を参照ください。

現役並みの所得のある人の負担割合

現役並みの所得のある人の負担割合は、次の条件に該当したときに3割となります。
【1】70歳から74歳までの国保被保険者の、市民税の課税標準額が145万円以上の人が世帯に1人でもいる場合
【2】昭和20年1月2日以降に生まれた70歳以上の国保被保険者がいる世帯は、【1】の条件に加え、同じ世帯にいる70歳から74歳までの国保被保険者の旧ただし書所得(※)の合計額が210万円を超えた場合
 【2】は高額療養費の見直しにより、平成27年1月1日から新設されました。
 ※旧ただし書所得とは、保険料を計算する際の基礎控除後(33万円)の所得総額
また、市県民税の税制改正により、年少扶養控除(16歳未満)と16歳以上19歳未満の人に対する扶養控除が廃止されました。
この影響を受けることがないように、次の条件に該当する世帯は、市民税の課税標準額から調整のための額を控除して一部負担金の割合を判定します。
(1)診療を受ける年の前年(1月から7月までは前々年)の12月31日現在、国保高齢受給者であり世帯主である。
(2)同じ世帯に合計所得が38万円以下である19歳未満の国保被保険者がいる。
(1)、(2)の条件に該当した場合は、市民税の課税標準額から次の額が控除されます。
 16歳未満の国保被保険者1人につき 33万円
 16歳以上19歳未満の国保被保険者1人につき 12万円

※ただし、上記の基準に該当する場合でも、収入の合計額が以下の金額に満たない場合は申請されると2割負担(平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方)になります。

2割負担となる基準収入

2割負担となる基準収入
世帯の状況 基準収入
同じ世帯に70歳から74歳までの国保加入者が1人の場合 本人収入額383万円未満
同じ世帯に70歳から74歳までの国保加入者が2人以上の場合 合計収入額520万円未満

同じ世帯に70歳から74歳までの国保加入者が一人、
かつ旧国保加入者(国保から後期高齢者医療に移行した方)がいる場合

旧国保加入者を含む合計収入額520万円未満

※基準収入は、所得金額ではありません※

  • 必要経費、各種控除、損益通算により所得が0円またはマイナスになる場合でも、収入金額としてはプラスの金額が生じることとなります。
  • 例えば、土地・建物・株式等にかかる譲渡所得の収入額は、取得費等を控除する前の譲渡により生じた総額になります。
  • また、一時金として受け取る退職所得及び遺族年金、障害者年金、失業給付などの非課税所得に当たる収入については、ここでいう収入金額には含まれません。

※株式譲渡益を申告分離課税分として申告される方はご注意ください※

  • 株式等に係る譲渡所得等の金額を申告分離課税分として申告する場合、ここでいう収入金額とは、株式の譲渡益ではなく、売却代金となります。
  • よって、市民税の課税所得が145万円以上となる被保険者の方で、株式譲渡益がマイナスになったことにより、損失等の申告をする場合、収入金額としてはプラスの金額が生じることとなり、基準収入額適用申請の要件には該当せず、医療費の自己負担割合が3割負担のままとなってしまう可能性があります。

※2割負担となる場合には、国民健康保険基準収入額適用申請書に、収入額を記入し、その収入額が確認できる書類を添付してください。
 該当の可能性がある方については、別途ご案内させていただいております。

関連リンク

国保に加入・喪失する人、保険証に関すること

総合窓口センター(市民課:本館1階)延長時等の国保手続き

お問い合わせ

国保・年金課 資格担当(3番窓口)
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館3階
電話:089-948-6363  FAX:089-934-2631
E-mail:kokuhonenkin@city.matsuyama.ehime.jp

国保・年金課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館3階
電話:089-948-6376
E-mail:kokuhonenkin@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.