このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 手続 の中の 国民健康保険 の中の 国保の収納 の中の 国民健康保険料の納付方法(納付方法と納期限など) のページです。

本文ここから

国民健康保険料の納付方法(納付方法と納期限など)

更新日:2018年4月2日

トピックス

このページでは、国民健康保険料の納付方法(納付方法と納期限などに関して次の項目についてご確認いただけます。

あらまし

納付義務者

  • 国民健康保険(以下、国保)料は、住民登録上の世帯主の方が納付義務者となりますので、世帯主宛てに請求させていただきます
    (国保法第76条および松山市国保条例第11条の規定より、国保の被保険者(加入者)の属する世帯の世帯主に請求させていただきます。)
  • このため、世帯主の方が別の健康保険の加入者であっても、世帯の中に国保の加入者がいらっしゃる場合は、世帯主の方が国保料の納付義務者となります

3つの納付方法

国保料の納付方法には、以下の3つがあります

  1. 納付書払        ・・・【普通徴収】
  2. 口座振替(自動払込)・・・【普通徴収】
  3. 年金天引き      ・・・【特別徴収】

※1.と2.を普通徴収、3.を特別徴収といいます。特別徴収について詳しくはこちらをご覧ください。
※納付書払と特別徴収、口座振替と特別徴収といった、複数の納付方法を併用してお支払いいただく場合もあります。

普通徴収(納付書または口座振替)の納期

  • 通常、納付回数は6月から翌年3月までの年10回です
    ※4月から3月までの12カ月分(1年間分)の国保料を10等分し、支払いは6月から始まります。4月分と5月分が計算されないわけではありません。そのため、各1期分に相当する額は約1.2カ月分の保険料になりますので、ご注意ください。
  • 納期限は各月の末日です(12月期(第7期)については12月25日です
    ただし、納期限が土曜日、日曜日および祝日の場合は、これらの日の翌日となります。
平成30年度普通徴収(納付書または口座振替)の納期限
納期

平成30年度 納期限
【注釈1】

留意点
(随1期)

4月期

納付なし
(5月1日(火曜日)【注釈2】)

4月分が計算されないわけではありません

(随2期)

5月期

納付なし
(5月31日(木曜日)【注釈2】)

5月分が計算されないわけではありません

第1期

6月期

7月2日(月曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第2期

7月期

7月31日(火曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第3期

8月期

8月31日(金曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第4期

9月期

10月1日(月曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第5期

10月期

10月31日(水曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第6期

11月期

11月30日(金曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第7期

12月期

12月25日(火曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第8期

1月期

平成31年
1月31日(木曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第9期

2月期

2月28日(木曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第10期

3月期

4月1日(月曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

平成29年度普通徴収(納付書または口座振替)の納期限
納期

平成29年度 納期限
【注釈1】

留意点
(随1期)

4月期

納付なし
(5月1日(月曜日)【注釈2】)

4月分が計算されないわけではありません

(随2期)

5月期

納付なし
(5月31日(水曜日)【注釈2】)

5月分が計算されないわけではありません

第1期

6月期

6月30日(金曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第2期

7月期

7月31日(月曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第3期

8月期

8月31日(木曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第4期

9月期

10月2日(月曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第5期

10月期

10月31日(火曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第6期

11月期

11月30日(木曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第7期

12月期

12月25日(月曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第8期

1月期

平成30年
1月31日(水曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第9期

2月期

2月28日(水曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

第10期

3月期

4月2日(月曜日)

各1期分に相当する額は約1.2カ月分

【注釈1】国保料の普通徴収の納期は、松山市国民健康保険条例第17条に基づいています
【注釈2】過年度分の国保料がある場合には、4月期と5月期で納めていただくことがあります

納付書払い(普通徴収)

納付書(納付書兼領収済通知書)の(画像)

松山市納付書兼領収済通知書(おもて面)
(おもて面)

松山市納付書兼領収済通知書(うら面)
(うら面)

納付書払いの場合、各期の納期限までに下記の納付場所でお支払いください。

納付場所
金融機関
  • 指定金融機関(本支店)
    伊予銀行
  • 指定代理金融機関(本支店)
    愛媛銀行
  • 収納代理金融機関(本支店)
    阿波銀行、香川銀行、高知銀行、四国銀行、徳島銀行、百十四銀行、広島銀行、みずほ銀行、山口銀行、三井住友信託銀行、愛媛信用金庫、商工組合中央金庫(松山支店のみ)、松山市農業協同組合、えひめ中央農業協同組合、四国労働金庫、愛媛県信用漁業協同組合連合会

※統廃合などにより変更となる場合があります。

ゆうちょ銀行
および郵便局

四国内のゆうちょ銀行および郵便局
四国内に限られますので、ご注意ください。
※納期限を過ぎた納付書はご使用いただけません。他の納付場所で納付してください。

コンビニエンスストア

利用できるコンビニエンスストアやコンビニで取扱できない納付書等について、詳しくはこちらをご覧ください。

松山市役所

国保・年金課(1番窓口)、各支所(22支所)
※浅海・立岩・河野・粟井出張所及び市民サービスセンター(松山三越・フジグラン松山・いよてつ高島屋)では取扱できません

  • ご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。
    収納担当(1番窓口) 電話:089-948-6368・6864

口座振替(普通徴収)

安心便利な口座振替がおすすめです!!

安心便利な口座振替

  • うっかり納め忘れを防げます!!
  • 金融機関にお支払いに行く手間がなくなります!!
  • 確定申告などで社会保険料控除の申告をする際に便利です!!
    (毎年1月中旬に届く口座振替(自動払込)済通知書」をご活用ください)
  • 国保事業の事務コストの削減にもつながりますので、ご理解とご協力をお願いします。
  • 一括振替(全納)のお申込みは受け付けていません。一括での納付を希望される場合は、納付書払をご利用ください。

口座振替がご利用できる金融機関

口座振替がご利用できる金融機関

銀行

伊予・愛媛・みずほ・広島・山口・阿波・百十四・四国・三井住友信託・徳島・香川・高知・ゆうちょ

金庫

愛媛信用・商工組合中央(松山支店のみ)・四国労働

農協など

松山市農協・えひめ中央農協・愛媛県信漁連

 ※順不同。銀行などの名称は、統廃合などにより変更となる場合があります。

お申込方法

  • 国保・年金課、各支所に申込はがきが、市内の金融機関窓口に松山市市税等預金口座振替依頼書があります。
  • 印鑑(通帳届出印)、口座番号の分かるもの(通帳など)、保険証番号の分かるもの(保険証や納入通知書など)をご持参いただき、申請してください。
  • 申込はがきが必要な方は、国保・年金課(総務担当:089-948-6376)までご連絡ください。申込はがきを郵送いたしますので、必要事項をご記入の上、ポストへ投函してください。
  • 内容の確認がとれましたら、口座振替開始日の約1週間前に口座振替開始のお知らせを送付します。 
<平成30年度 申込締切日と口座振替開始期>

申込締切日【注釈】

5/18

6/20

7/20

8/20

9/20

10/19

11/20

12/20

1/18

2/20

口座振替開始期

6月期
(第1期)

7月期
(第2期)

8月期
(第3期)

9月期
(第4期)

10月期
(第5期)

11月期
(第6期)

12月期
(第7期)

1月期
(第8期)

2月期
(第9期)

3月期
(第10期)

<初回の口座振替日>

<7/2>

<7/31>

<8/31>

<10/1>

<10/31>

<11/30>

<12/25>

<1/31>

<2/28>

<4/1>

<平成29年度 申込締切日と口座振替開始期>

申込締切日【注釈】

5/19

6/20

7/20

8/18

9/20

10/20

11/20

12/20

1/19

2/20

口座振替開始期

6月期
(第1期)

7月期
(第2期)

8月期
(第3期)

9月期
(第4期)

10月期
(第5期)

11月期
(第6期)

12月期
(第7期)

1月期
(第8期)

2月期
(第9期)

3月期
(第10期)

<初回の口座振替日>

<6/30>

<7/31>

<8/31>

<10/2>

<10/31>

<11/30>

<12/25>

<1/31>

<2/28>

<4/2>

 【注釈】

  • はがきによる郵送でのお申込みの場合、申込締切日は国保・年金課必着の日付です。消印日ではありませんのでご注意ください。
  • 窓口の場合、上記のどの窓口で手続きしていただいても申込締切日は20日(申込締切日が土・日・祝日の場合は、その前日)となります。

お申し込み後の変更手続き

次のいずれかに該当したときは、すみやかに国保・年金課または取扱金融機関へ届け出てください

  • ご利用中の金融機関を変更するとき
  • 口座名義人や口座番号を変更するとき
  • 口座振替による納付をやめるとき

口座振替(自動払込)済通知書について

  • 年1回、毎年1月中旬頃に「口座振替(自動払込)済通知書」をお送りしています
  • この通知書では、1年間(1月から12月まで)に口座振替(自動払込)で納付された金額をご確認いただけます
  • 国保料の納付済額も所得控除の対象となりますので、確定申告などで社会保険料控除の申告をする際にご活用ください。ただし、納期ごとの口座振替の確認は、預貯金通帳の記帳によりお願いします

口座振替ができなかった場合

  • 口座振替ができなかった場合、「口座振替不能通知書(納付書)」をお送りします
  • この通知書(納付書)により松山市国保・年金課、各支所、取扱金融機関窓口、コンビニエンスストアにて、記載されている納付期限内に納付をお願いします

特別徴収(年金からの天引き)から口座振替による納付への変更

特別徴収の対象となっている世帯主でも、国保・年金課に特別徴収中止の申出(口座振替の手続きも併せて必要)をすれば、口座振替による支払いへ変更できます。詳しくはこちらをご覧ください。

<よくある質問と回答>

<よくある質問と回答>
質問 回答

納付義務者である世帯主以外の口座でも、振替え手続きはできますか?

世帯主以外の口座でも手続きは可能です。

口座振替での全納はできますか。 全納はできませんので、ご了承ください。
口座振替の登録が完了した場合、市役所(国保・年金課)からのお知らせはありますか。

口座振替をお申込みいただき、問題なく登録完了となった場合、口座振替開始日の約1週間前に「口座振替(自動振込)開始通知」を郵送します。振替開始日(口座振替日)、振替口座情報等をご確認ください。
※問題なく登録完了となっても、納付済みが確認された場合などで口座振替が行われない間は、当該通知も発送されません。(実際に口座振替が始まるタイミングで郵送します。)
年度の途中から口座振替を開始する場合は、すでに送付した納付書を使用してしまうと二重納付となりますので、ご注意ください。

口座振替なのですが、残高不足で引き落としされませんでした。どうしたら良いのでしょうか?

残高不足などの理由により口座から振替できなかった場合は、「口座振替不能通知書(納付書)」を口座振替日の約1週間後に送付してお知らせしています。受領後、この通知(納付書)で、取扱金融機関、コンビニエンスストア、国保・年金課、支所にて、記載されている納期限内に現金で納付してください。
※振替日(納期限の日と同じ)は各期別に1日しかありませんので、ご注意ください。
2回目の引き落しはしていませんので、ご注意ください

口座振替をやめたい場合、それ以降の支払いはどうしたら良いですか。

口座振替をやめたい場合は、国保・年金課へ届け出てください。口座振替を廃止した期別から年度末までの期別の納付書を送付しますので、その納付書でお支払いください。
※特別徴収を中止し、口座振替に変更している場合は、口座振替を廃止できない可能性があります。

年金天引き(特別徴収)

上記のように窓口での納付書払いや口座振替で国保料を払う仕組みを「普通徴収」といいますが、年金からの天引きで国保料を納付する仕組みを「特別徴収」といいます。特別徴収について詳しくはこちらをご覧ください。

<よくある質問と回答(共通)>

<よくある質問と回答(共通)> ※普通徴収と特別徴収に共通する内容です
質問 回答

間違って多く納付してしまった場合はどうしたら良いですか?

結果的に多く納付した場合には、その超過額を還付金として口座振込によりお返しいたします。そのお手続き方法には、登録口座の有無により次のとおり異なりますのでご注意ください。

  • すでに口座登録のある方には、多く納付したことを市役所で確認できた日から約1か月以内に、登録口座にお返しします。その旨を記載した「過誤納金還付(充当)通知書」を送付します。ご返金に関するお手続きは一切不要です。
  • 口座登録のない方には「過誤納金還付(充当)通知書」と「過誤納金還付請求書兼口座振替依頼書」を送付します。「過誤納金還付請求書兼口座振替依頼書」に必要事項を記入しご返送ください。そのご記入いただいた口座にお振込します。

なお、国保料に未納がある場合は、その還付金を未納分に充てさせていただきますので、あらかじめご了承ください。

確定申告などで、国保料や介護保険料の年間支払額を申告するのですが、口座振替の場合や領収書をなくしてしまった場合はどうしたら良いのでしょうか?
  • 口座振替の方は、通帳に記載された納付額を1月から12月まで合計して申告してください。納付書で払ったものもあれば含めて申告してください。また、年に1回、1月中旬頃に「口座振替(自動払込)済通知書」をお送りしていますので、ご活用ください。
  • 領収書をなくしてしまったり、いくら納めたのかわからなくなってしまった方は、ご希望であれば納付証明書を発行いたしますので、国保・年金課、福祉総合窓口、北条支所、中島支所で申請してください。詳しくはこちらをご覧ください。

納期限までに納付が困難な場合はご相談ください

  • やむを得ない事情等により、各期の納期限までに納められない場合は、分割納付(※)などの納付相談を行っておりますので、そのままにせず必ずご相談ください。
    ※納付回数を増やすことにより、1回当たりの支払額を減らすこと。ただし、提出書類が必要な場合があります。

国保料を滞納すると

納期限を過ぎると督促手数料がかかります

  • 公平性という観点から納期限から20日以内に督促状を発することになっており、発した場合は督促手数料として1期あたり100円を納めていただくことになります。
  • なお、督促手数料がついた後の納付相談の場合には、督促手数料を含めたお支払総額に対しての分割納付になります。

国保証の有効期限が短縮されます

  • 長期間滞納が続きますと、国保の保険証の更新時に、有効期限を通常の1年間より短縮した国保証をお渡しすることになります。これは、有効期限切れ時など、納付の相談の機会を確保するためのものです。

長期間国保料を滞納していると・・・

  • 国保証を返還していただきます。
  • 国保証の代わりに、被保険者資格証明書を交付します。被保険者資格証明書により医療機関で診療を受けた場合には、かかった医療費全額を一旦医療機関の窓口で支払うことになります。その後、市に保険対象医療費の7割(8割または9割)分の払い戻しの請求をしていただくことになりますが、その際、払い戻し分を滞納分へ充当する場合があります。
  • また、国保による医療給付の全部または一部が差し止めになる場合があります。それでもなお、納めないでいると差し止められた保険給付額から滞納分が差し引かれる場合もあります。

財産の差押

  • 督促や再三の催告を行っても、お支払いや納付相談に応じていただけない時や、納付相談で取り決めた事項について、誠意を持って履行していただけない等の場合は、法に基づいて、財産の差押が行われ、換価(差押財産を金銭に換えること)の上、滞納国保料へ充てさせていただくことがあります。

関連リンク

国保に加入・喪失する人、保険証に関すること

郵送による国保喪失届の方法

国保料に関するよくある質問と回答

総合窓口センター(市民課:本館1階)延長時等の国保手続き

お問い合わせ

国保・年金課

  • 国保料のお支払い、ご相談については収納担当(1番窓口) 電話:089-948-6368・6864
  • 口座振替については総務・医療制度担当(6番窓口)      電話:089-948-6375

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館3階
FAX:089-934-2631
E-mail:kokuhonenkin@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.