このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

興居島の船踊り

更新日:2012年3月1日

興居島(ごごしま)(ふな)踊り」について

興居島の船踊り

文化財の区分

愛媛県指定無形民俗文化財

指定(登録)年月日

昭和39年3月27日 指定(無形文化財)
昭和52年1月11日 指定替え

所在地及び所有者(管理者)

松山市由良町 小冨士文化保存会

解説

 船越和気比売神社の秋の祭礼に神輿の海上渡御に供奉して演じられる芸能(風流)である。この踊りの起源は明白ではないが、島の伝承によると、むかし内海にその威をふるった伊予水軍の勇士が、遠く転戦して凱旋するごとに、戦いの模様を留守の家族に演じてみせたのが、氏神の祭礼行事となり、伝承されたという。
 当日は、伝馬船をもやって舞台を設け、歌舞伎や新作の舞踊などを演じる。演目は、「伊予水軍」「大阪城夏の陣」「先代萩」「太功記」「曽我兄弟」などで、大太鼓と拍子木に合わせた立ち回りがある。同時に、船のヘサキではボンデン踊りといって、氏子の中泊、軒島、由良、門田の4集落が奉納することになっていた。櫂伝馬は、瀬戸内海地域に広く祭礼行事として行われるが、豪快勇壮な船踊りは、独自な地方芸能として極めて珍しい存在である。

※開催は毎年10月の第一土曜日

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

県指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.