このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 医療・健康 の中の 母子健康 の中の マタニティマーク「お母さんと赤ちゃんにやさしい環境を」 のページです。

本文ここから

マタニティマーク「お母さんと赤ちゃんにやさしい環境を」

更新日:2012年4月13日

マタニティマーク
このマークは「健やか親子21」推進検討会において選ばれた優秀作品です

マタニティマークとは何ですか?

妊産婦さんが交通機関等を利用する際に身につけ、周囲が妊産婦さんへの配慮を示しやすくするものです。
またマークを使ったポスターなどを掲示して、妊産婦さんにやさしい環境づくりを推進していきます。

どうしてマタニティマークが必要なのですか?

女性は外見では分からなくても、妊婦さんや産婦さんかもしれません。
妊婦さんの場合、特に初期はおなかの中の赤ちゃんと妊婦さんの健康にとって、とても大切な時期です。つわりなどのつらい症状がある場合もあります。子育て中のお母さんの中には「社会全体が妊婦や子育てに無関心・冷たい」と感じている人も多くいます。
<(財)こども未来財団「子育て中の母親の外出時等に関するアンケート調査結果」より>

松山市でも母子保健に関する取り組みを行っていますが、行政の力だけでは限界があります。見知らぬ人からの小さな親切で、子育てに対して前向きになれることもあるのです。ひとりひとりの優しさで、赤ちゃんとお母さんに優しいまちづくりにご協力ください。

妊婦さんや子育て中の方を見かけたら、どうすればいいですか?

例えば
・電車やバスなどでは席を譲る、乗車時に協力する
・近くでの喫煙は控える
 タバコの煙はおなかの赤ちゃんにも悪影響を与えます。その他、歩きタバコで危険な目にあったり、タバコの煙で気分が悪くなったりする場合もありますのでご配慮をお願いします。
・その他「お手伝いしましょうか?」とやさしい一言をかける

 など、思いやりある気遣いをよろしくお願いします。

マタニティチェーンホルダーはどこでもらえますか?

母子健康手帳交付(ママパパセット交付)時にお渡ししていますので、ご利用ください。

転入者でもらっていない方や失くされた方には、松山市役所市民課母子健康コーナー、各支所及び保健所各分室にて、配布しております。

お問い合わせ

健康づくり推進課 健康づくり担当
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所1階
電話 089-911-1821
ファクス 089-925-0230
E-mail kenkou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.