このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 安全・安心 の中の 消防 の中の 訓練 の中の 松山初 コスモ松山石油株式会社松山工場 大容量泡放射システム設置・放水訓練を実施しました のページです。

本文ここから

松山初 コスモ松山石油株式会社松山工場 大容量泡放射システム設置・放水訓練を実施しました

更新日:2018年10月23日


コスモ松山石油株式会社松山工場 大容量泡放射システム設置・放水訓練風景

 大容量泡放射システムは、全国12地区の広域共同防災組織等に配備されています。松山地区は瀬戸内地区広域共同防災協議会に属し、香川県のコスモ石油株式会社坂出物流基地に配備されています。
 大容量泡放射システムは直径34m以上の浮屋根式屋外タンク貯蔵所に配備が義務付けられ、普通消防車のおよそ100台分の放水量を有する国内最大級の消火システムです。
 最大放水量は1分間に38,000L、最大放射距離は130mです。

訓練概要

訓練実施日時

平成30年9月27日(木曜日)9時30分から13時00分

訓練実施場所

コスモ松山石油株式会社松山工場(松山市大可賀三丁目580番地)

参加機関

コスモ松山石油株式会社松山工場
瀬戸内地区広域共同防災協議会
香川県トラック協会
愛媛県警察
松山市消防局
松山市消防団味生分団
松山市西消防署

目的

 この訓練は、石油コンビナート等災害防止法に基づき、浮屋根式屋外貯蔵タンクの全面火災発生及び拡大防止並びに各関係機関の効率的運用を推進することを目的に実施しました。
 訓練は、南海トラフを震源とする地震(松山市震度6弱)により、浮き屋根式屋外貯蔵タンクの全面火災が発生したとの想定で、コンビナート事業所の共同防災隊と松山市西消防署、松山市消防団味生分団によるタンク冷却活動と、瀬戸内地区広域共同防災協議会による大容量泡放射システムを用いた消火活動を行いました。
 今後も、石油コンビナート等特別区域の事故防止はもちろんのこと、万が一事故が発生した場合にも、その影響を最小限に抑えられるよう、関係機関と連携し、消防防災力を強化していきます。
 なお、訓練の状況は以下リンク内写真のとおりです。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

西消防署
〒791-8061 愛媛県松山市三津三丁目4番23号
電話:089-951-0894
E-mail:sbnisi@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

訓練

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.