このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 観光・イベント の中の 松山市観光ガイド の中の 松山の歴史・文化 の中の 指定文化財 の中の 県指定文化財 の中の 脇差 銘 豫州松山住長国 香坂猪之助 1口 のページです。

本文ここから

脇差 銘 豫州松山住長国 香坂猪之助 1口

更新日:2012年3月1日

「脇差 銘 豫州松山住長国 香坂猪之助」について

豫州松山住長国

文化財の区分

愛媛県指定有形文化財(工芸品)

指定(登録)年月日

昭和39年3月27日 指定

所在地

松山市南高井町 個人蔵

解説

初代松山城主・加藤嘉明の抱工、三好藤四郎長国の作で、作風は次のとおりである。
  長さ      35.8cm 反り1.3cm
  形状      片切刃造り、反り高め
  地鉄      小板目肌よく詰み地沸(じにえ)つく 
           彫、(表)異例の2本樋かき流す(裏)棒樋添樋
  刃文      のたれ沸よくつき、金筋、砂流し交る
  鋩子(ぼうし)      尖り心に返る
  (なかご)       生ぶ、剣形、目釘孔1、鑢目(やすりめ)勝手下り

  長国は、山城の名匠・長谷部国信十世の孫で、芸州広島の刀匠・常慶を父として生まれた。はじめ三好宗左衛門安広と言ったが、のち藤四郎長国と改めた。幼くして父に死別し、伯父・播磨守輝廣に養われて鍛刀の技を練り、加藤嘉明の抱工となって松山に住した。
 寛永4年(1627年)、嘉明の転封に伴って奥州会津に移り、三好を三吉(善)と改め、寛永9年(1632年)に58歳で彼の地に没したと言われる。
 長国の作は、世に会津藤四郎と呼ばれて古刀の名匠・山城の粟田口藤四郎と対照される。この脇差の所持者銘の香坂猪之助は嘉明の家臣と考えられ、作刀の年代は、その作風が師・輝廣に酷似していることから、寛永元年(1624年)銘の脇差よりやや若い時代の作と思われる。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

県指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.