このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

東野お茶屋跡

更新日:2012年3月1日

東野(ひがしの)お茶屋(あと)」について

東野お茶屋跡

文化財の区分

愛媛県指定記念物(史跡)

指定(登録)年月日

昭和36年3月30日 指定

所在地及び所有者(管理者)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市東野4丁目(外部サイト) 愛媛県ほか

解説

 松山市の郊外東野4丁目の閑静な地域にある。昭和53年(1978年)に史跡のうちにあった口無池が埋立てられた。
 松山藩松平初代藩主定行の隠居所として、万治元年(1658年)から3年をかけ、裏千家千宗安の設計のもとに庭園と御殿が建造され、寛文元年(1661年)に完成した。記録によると、周囲1里あまりを竹垣で囲み、北門を入ると東西に馬場があり、馬場東詰の中門を入ると御殿があった。御殿の西には壮大な池泉があり、周囲の起伏した地形を利用して、「風呂のお茶屋」「傘のお茶屋」「いろはのお茶屋」等の草庵や安心堂などの小堂が配されていた。御殿は建築から20年後に、「竹のお茶屋」など僅かに残された建物も明治元年(1868年)までに、取りはらわれた。今は琵琶湖を模した池のほとりに観音堂が残存し、周囲の小径は一巡することもできる。観音堂の北方、池畔に「竹のお茶屋」跡がある。池の西南端から吟松庵(弟定政の隠居所)に通じていた、東海道53次の情景を模したという宿駅は、開墾で破壊されたが、周囲の竹林に昔の面影を僅かにしのぶことができる。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

県指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.