このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 観光・イベント の中の 松山市観光ガイド の中の 松山の歴史・文化 の中の 指定文化財 の中の 県指定文化財 の中の 木造釈迦如来及び両脇侍坐像 3躯、釈迦如来坐像・獅子騎乗文殊菩薩・象騎乗普賢菩薩 のページです。

本文ここから

木造釈迦如来及び両脇侍坐像 3躯、釈迦如来坐像・獅子騎乗文殊菩薩・象騎乗普賢菩薩

更新日:2012年3月1日

「木造釈迦如来(しゃかにょらい)及び両脇侍(りょうわきじ)坐像」について

木造釈迦如来及び両脇侍坐像

文化財の区分

愛媛県指定有形文化財(彫刻)

指定(登録)年月日

昭和58年3月11日 指定

所在地及び所有者(管理者)

松山市善応寺 善応寺

解説

 この坐像は、伊予国守護・河野通盛が創建した河野一族の氏寺である善応寺にある。建武2年(1335年)、河野氏累代の本拠地・土居館(どいやかた)を京・東福寺に模して七堂十三塔頭(たっちゅう)を設けた時の造像といわれる。
 中尊の釈迦如来坐像は、像高104.6cm、台座96.6cm。釈迦如来坐像は一般的には、頭部は螺髪(らほつ)で装飾はなく、衲衣は右肩に、印相は右手を施無畏印、左手を与願印を結んでいるものであるが、この坐像は、(もとどり)を結い、衲衣(のうえ)を通肩にまとい、法界(そうかい)定印を結んでおり、釈迦仏としては特異な容姿をしている。衲衣や台座の彫りが力強く、肉感のある写実的な面相をもった釈迦仏である。
 脇侍の文殊菩薩像は、像高54.2cm、台座107.8cm。普賢菩薩像は、像高52.8cm、台座96.9cm。文殊菩薩と普賢菩薩が騎乗する獅子と象の造形も力感にあふれ、男性的で力強く写実的な作風が主流となった鎌倉時代の特徴をよく表している。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

県指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.