このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

木造大蟲禅師倚像 1躯

更新日:2012年3月1日

「木造大蟲禅師(だいちゅうぜんじ)倚像」について

木造大蟲禅師倚像

文化財の区分

愛媛県指定有形文化財(彫刻)

指定(登録)年月日

昭和51年4月16日 指定

所在地及び所有者(管理者)

松山市八反地 宗昌寺

解説

 大蟲(だいちゅう)は、元弘元年(1331年)に宗昌寺を開山した人である。峰翁(ほうおう)に学んだ代表的な禅師で美濃の大円寺、博多の崇福寺におり後に当寺を開いた。もともと宋の国の人で虚堂四世の法孫といわれ、月庵(げったん)(上難波最明寺開山)を指導した高僧である。
 この倚像は、大蟲禅師(だいちゅうぜんじ)の肖像である。頭頂部から裳裾(もすそ)まで115cm、坐高78.7cm、檜材の寄木造である。頭部内刳りに康安元年(1361年)の朱書銘があり、室町時代の早期の作として興味深い。像形は法衣袈裟(ほういけさ)をつけ定印(じょういん)して曲彖に座っており、大蟲の3回忌に開眼供養(かいげんくよう)せられたものと考えられている。
 江戸時代、松平松山藩第3代藩主定長が和尚の徳をしたってこの像を藩邸に持ち帰ったことがある。定長の子・定直の位牌を当寺に安置している。大蟲(だいちゅう)は後に後円融(ごえんゆう)天皇から大證(だいしょう)禅師の諡号(しごう)を贈られた。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

県指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.