愛媛県朝日谷二号墳出土品

更新日:2021年4月30日

愛媛県朝日谷二号墳出土品(えひめけんあさひだににごうふんしゅつどひん)」について

文化財の区分

重要文化財(考古資料)

指定(登録)年月日

令和2年9月30日 指定

所在地及び所有者(管理者)

松山市南斎院町 松山市

解説

本件は、朝日谷二号墳から出土した古墳時代前期の副葬品一括である。
銅鏡2面、銅鏃44点、鉄製品35点、ガラス小玉4点(以上主体部出土)
附 土師器残欠17点(墳丘出土)
以上102点からなる。

 朝日谷二号墳は、松山市朝日ヶ丘の瀬戸内海を一望できる大峰ヶ台丘陵の尾根上に位置する全長約25mの前方後円墳である。
 2面の銅鏡は中国からの舶載鏡で、意図的に分割した状況で副葬されており、折り曲げられた状態で副葬された鉄刀とともに当時の葬送儀礼の一端を示す。また、大和王権との繋がりを示す銅鏃と鉄鏃は数量が多く遺存状態が優れている。
 瀬戸内地域における古墳時代の開始とその様相を解明するうえで欠かせない学術的価値の高い資料である。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)

〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階

電話:089-948-6603

E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

国指定文化財

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで