このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

太山寺本堂 1棟

更新日:2012年3月1日

太山寺本堂(たいさんじほんどう)」について

太山寺本堂 1棟

文化財の区分

国宝(建造物)

指定(登録)年月日

昭和31年6月28日 指定

所在地及び所有者(管理者)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市太山寺町 太山寺(外部サイト)

概要

 太山寺は真言宗智山派、四国八十八か所52番札所である。寺伝によると、その沿革は遠く飛鳥時代用明天皇(585年〜587年)の代にさかのぼり、朝廷の尊崇も厚かったという。

 本堂の建物は、昭和27年(1952年)の解体修理によって、嘉元3年(1305年)の再建と判断されたが、内陣の床下からは焼土が発見され、その以前に火災によって焼け落ちた事実も判明した。当時、架構の面で五間堂から格段の発展を遂げた七間堂が出現するが、その全国的にも稀少な遺構の一つで、桁行(正面)7間、梁間9間、一重、入母屋造、二軒(ふたのき)、本瓦葺である。その9間梁行に大きく妻壁を置いての入母屋造は雄大な屋根の広がりを見せ、密教本堂としては全国屈指の規模を誇る。 柱・梁などの木組みは大きく、豪放な規模を持つとともに、和様を基本にしながら、虹梁とその挿肘木には大仏様(だいぶつよう)の手法が併用されるなど、折衷様(せっちゅうよう)としての表現力にも優れている。またこの頃になって初めて現れた「六枝掛(ろくしが)け」(図2参照)という、斗きょうと垂木(たるき)の割り付けから柱間隔が決められてゆく技法も明らかに認められる。さらにその内陣が土壇となっているのは、当時の密教本堂としては珍しく、正面柱間の中備(なかぞなえ)に置かれた蟇股(かえるまた)は、鎌倉時代の力強い作風を示す代表作と評価されている。

 この建物の柱間寸法は2通りに分類されるが、1尺=0.3485mという尺度を当てはめると、それぞれ6.0、7.0尺に該当する(図3参照)。さらに6尺の柱間には12本の垂木が、7尺の柱間には14本の垂木が割り付けられる。この現象は先の「六枝掛(ろくしが)け」という枝割(しわり)制が出現した結果、従属的に1尺=0.3485mという独特の尺度が生じたもので、この技法を研究・説明するためには好個の材料である。

六枝掛け 説明図
六枝掛け 説明図

太山寺本堂 平面配置図
太山寺本堂 平面配置図

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

国指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.