このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

松山城一の門 1棟

更新日:2012年3月1日

「松山城一の門」について

松山城一の門 1棟

文化財の区分

重要文化財(建造物)

指定(登録)年月日

昭和10年5月13日 指定

所在地及び所有者(管理者)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。松山市丸之内(外部サイト) 松山市
連絡先:松山城総合事務所(電話番号089-921-4873)

解説

 本壇入口の虎口(こぐち)に西面して建つ最初の門で、脇戸付高麗門、本瓦葺、軒は一重で軒裏化粧顕しである。南端及び北端の妻はそれぞれ一の門南櫓及び三の門南櫓下の石垣に取り付く。門扉は両開きで八双金物・乳金物を備え、中間の横板張りの上下は竪格子となる。扉上部は竪桟(たてざん)9本に横貫(よこぬき)1本を通す欄間格子を備える。
 この門の奥、二の門までの間は桝形の仕切りとなる。これは攻勢防御の築城思想から、出撃帰塁の兵員数を計る仕組みとされるが、先の扉の格子はそのとき隙間から頭数・脚数を計測する目的があったといわれる。また、この一の門の前面及び桝形に対しては、小天守をはじめ四周の櫓から銃火が集中され、本壇防衛上最も堅固に築かれた箇所ということができる。
 一の門は、天守とともに天明4年(1784年)の落雷で焼失した。扉の墨書によると、天守の再興に先だち、天明6年(1786年)には再建された。この門だけがいち早く再建されたのは、本壇内に自由に往来が出来ないようにするために取り敢えず再興したものと考えられる。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

国指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.