このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

エヒメアヤメ自生南限地帯

更新日:2012年4月12日

「エヒメアヤメ自生南限地帯(じせいなんげんちたい)」について

エヒメアヤメ自生南限地帯

文化財の区分

国指定天然記念物

指定(登録)年月日

大正14年10月8日 指定

所在地及び所有者(管理者)

松山市下難波 松山市
連絡先:松山市文化財課(電話番号089-948-6891)

解説

小包にこかきつばたのしほれたる   子規
山路来てゆかしとみしはかきつばた  鳴雪

 こかきつばたの名でこのように歌われた腰折山の可憐な花は、こかきつばたとは別種の牧野富太郎によって命名されたエヒメアヤメである。エヒメアヤメはアヤメ科の植物であって、根茎はやや偏平で細くやせ形、葉は線形で薄く、葉長は10cm〜15cmが普通である。 
 陽春四月上旬を開花期とし、数cmの高さの花軸に普通1花を、時に2〜3花を咲かせる。花色はうすい紫色で外花蓋(がいかがい)には黄白色のはん点を持っている。
 元来大陸北部に分布する植物で、我が国では中国、九州、四国の瀬戸内海に沿う各地に生育し、古書に「たれゆえそう」と名づけられたと記録されている。 腰折山はその南限地として世に知られ、古くからこの花にまつわる哀れな民話とともに、「こかきつばた」の名で親しまれてきた。
 昭和43年(1968年)、宮崎県えびの高原霧島盆地の自生が最南限にあたるものとして追加指定をうけ、エヒメアヤメ自生南限地帯は2県以上にわたるものとされている。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

国指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.