高齢者の定期予防接種

更新日:2024年6月27日

予防接種法に基づいて実施している予防接種です。
高齢者に対する定期予防接種は、一部公費負担で接種を受けることができます。
これらの予防接種は、接種を受ける法律上の義務はありません。ご本人の意思で接種を希望する方のみ予防接種を受けてください。

高齢者の定期予防接種一覧

今後変更する可能性があります。変更があった場合、ホームページや広報等でお知らせします。
予防接種の種類 対象者 接種期間 自己負担額
新規ウインドウで開きます。肺炎球菌感染症新規ウインドウで開きます。(※1) 松山市に住民登録があり、接種日に 65歳の方
接種日に60~64歳で、心臓、じん臓、呼吸器、ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がい(身体障害者手帳1級相当)を有する方(接種時に身体障害者手帳等の提示が必要) 通年(生涯1回限り) 4,000円(※2)

新規ウインドウで開きます。インフルエンザ

松山市に住民登録があり、接種日に 65歳以上の方 令和6年度については決定次第掲載します。 令和6年度については決定次第掲載します。

※1. 今までに23価肺炎球菌ワクチンを接種したことのある方は対象外です。
※2.生活保護受給者及び中国残留邦人等の支援給付受給者は、所定の手続きにより無料で接種できます(生活福祉業務第1課・第2課、生活福祉総務課で必要書類を発行します)。

予防接種の受け方

予防接種は委託医療機関で受けます。事前に医療機関に予約をして、体調の良い時に接種を受けてください。

  

松山市の高齢者定期予防接種医療機関

愛媛県内の定期接種実施医療機関であれば、松山市の医療機関と同様に予防接種を受けることができます。
※松山市外の医療機関については松山市保健所までお問い合わせください。

愛媛県外の医療機関等で定期接種を希望される方へ

 入院や施設入所などの理由により、愛媛県外の医療機関で定期接種を希望される場合は、事前に手続きが必要です。
※事前に手続きをせずに定期接種を受けた場合は、費用の払い戻しや健康被害救済制度の対象となりませんのでご注意ください。

定期接種による健康被害救済制度

 定期接種による副反応のために、医療機関で治療が必要な場合や生活が不自由になった場合は、予防接種法に基づく健康被害救済措置による給付を受けることができます。(健康被害救済制度)
 制度を利用する場合は、松山市保健所にご相談ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

保健予防課 予防接種担当
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所 1階
電話:089-911-1858  FAX:089-923-6062
E-mail:hokenyobou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

予防接種

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで