このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

【実施記録】俳句甲子園OBOG等派遣事業

更新日:2019年9月13日

「俳句甲子園OBOG等派遣事業(出張講座)」の紹介はこちら!

島根県(令和元年8月3日)

会場:ビッグハート出雲
参加者:11校から生徒40名、教員13名
内容:型を使って俳句を作る方法を学び、俳句甲子園形式の練習試合を行いました。

俳句の基本を学びます
まずは俳句の基本を学びます

講師も一緒に考える
講師も一緒に考えます

グループでの話し合い
グループで話し合います

講師からアドバイスを
講師からアドバイスをもらいます

俳句甲子園さながらの熱戦
俳句甲子園さながらの熱戦!

判定は…!?
判定は!?

【参加者の感想】

  • 皆が独自の感性を生かしたおもしろい句を詠んでいて、とても良い刺激を受けた。
  • 他校との交流機会は少ないが、同じ活動意思を持った人たちと話したり、価値観を共有できたのはとても刺激になった。
  • 普段は知らない人ばかりだと自分の意見を言うことができないが、今回、自分の意見を言うこと、伝えることの楽しさを知れた。

山梨県(平成31年3月24日)

会場:山梨県立甲府西高等学校 鳳凰館
参加者:4校から生徒15名、教員4名
内容:俳句について学び、俳句甲子園形式の練習試合を行いました。兼題:「草餅」「水」

先ずは座学。基本を勉強します。
まずは俳句の基本を勉強します

講師にヒントをもらって俳句を作ります
講師がヒントをくれました

自分たちで作った俳句で模擬試合
自分たちの俳句で模擬試合

判定は全員一致で白!
判定は全員一致の白!

審査員の講評も勉強になります
審査員の講評も俳句の材料になります

判定の瞬間!!
判定の瞬間!

【参加者の感想】

  • 俳句の作り方を学ぶことができた。意外性のある作品だけが良いのではなく、共感できることも大切だと知った。
  • 他校との交流の中で様々な表現の発見につなげられた。
  • 模擬試合が楽しかった。俳句を考えるだけでなく、相手の作品を読み取り、質問することでさらに読みを深めることが面白かった。
  • 想像の何倍も楽しかったです。

山口県(平成31年3月23日)

会場:山口県立防府商工高等学校
参加者:11校から生徒40名、教員12名
内容:俳句について学び、俳句甲子園形式の練習試合を行いました。兼題:「卒業」

全体講義を受けます
まずは俳句の基本知識を学びましょう!

皆で楽しく話合いながら俳句を作ります
皆で楽しく話合いながら俳句作り

講師もその場で作句
講師も自分の俳句を考えます

頭をフル回転で俳句作り
頭をフル回転させて!

相手の句をよく見てディベート開始
相手の句をよく鑑賞してディベート開始

判定は!?講師の旗はどちらにあがるでしょうか。
判定は!?旗はどちらに上がるでしょうか!

【参加者の感想】

  • 同じ高校生と俳句を通して会話ができて良かったです。お互いに高め合うことができました。
  • 他校との交わりの中で自分自身の考えとは違う詠み方や意味の捉え方がすごく面白かった。

青森県(平成31年2月16日)

会場:青森県立弘前高等学校
参加者:9校から生徒21名、教員13名
内容:二つの型を使って俳句を作る方法を学び、俳句甲子園形式の練習試合を行いました。

俳句とは何かを熱心に勉強します
俳句とは何かを勉強中

参加者の意見を聞いていきます
参加者の皆さんはどう思いますか?

人それぞれの意見
人それぞれ意見が違って面白い

講師も回って皆にアドバイスをします
講師も直接アドバイスします

模擬試合がスタートです
模擬試合で俳句甲子園を体験

判定は!
判定!

【参加者の感想】

  • 俳句初心者でも分かりやすい講義で大変勉強になりました。次回創作するときの軸になるのでとても助かります。
  • 個々で意見を述べあったり、協力したりして学ぶことが多く、良いコミュニケーションの場となったのでよかった。

鳥取県(平成31年2月3日)

会場:鳥取県立米子工業高等学校
参加者:3校から生徒7名、教員3名
内容:俳句について学び、季語を入れて作った俳句で俳句甲子園形式の練習試合を行いました。

講義を熱心に聞く参加者
「俳句とは」を分かりやすく教えます

グループワークの様子
講師の先生にアドバイスをもらいます

作戦を練りながら俳句を作ります
作戦を練りながら作句します

俳句甲子園のDVDで勉強
俳句甲子園のDVDをみんなで鑑賞

俳句の良さを鑑賞します
お互いの句を鑑賞して考えを伝えます

赤白の旗で判定します
判定は!?

【参加者の感想】

  • 俳句の作り方から用語やテクニックまで色々な初歩的なことを教えてもらえて作りやすかったです。
  • 自分で俳句を作る楽しさや、質問されて自分で気付けないところを気付けたのが良かった。
  • 的確な指摘と同年代の思考が聞けて良かった。
  • グループワークは僕はあまりしゃべっていないが、発表の時にフォローしてくれたところが良かったし、楽しかった。

栃木県(平成30年12月17日)

会場:宇都宮アート&スポーツ専門学校
参加者:12校から生徒66名、教員15名
内容:型を使って俳句を作る方法を学び、俳句甲子園形式の練習試合を行いました。

大人数が集まる会場
俳句の基礎を学びます

皆さんの意見を聞きましょう
皆さんの意見を聞いてみましょう!

講師にアドバイスをもらいます
講師からのアドバイスを参考に

力作揃いで悩みます
俳句はどれも力作揃いで選句が難しい

俳句甲子園の模擬試合
相手の句をよく詠むとここが気になる…

判定は!
判定は!!

【参加者の感想】

  • 自分の作った句や他の人の作った句について、議論したり理解し合ったりするのが楽しかった。
  • 今回の講義で少しでも俳句を好きになることができてよかったと思います。以前は俳句と聞くととてもとっつきにくいイメージがあったのですが、基本的なことを知ってその印象がなくなりました。これからも時々、もっと気軽に作ってみたいと思います。
  • 俳句のことについてたくさんのことを教えていただけてとても嬉しかったです。季語の入れ方や描写の仕方など、何も分からなかった私ですが、説明が非常に分かりやすく、俳句の楽しさに気付かされました。本当に有り難うございました。

岡山県(平成30年5月26日)

会場:岡山県立岡山朝日高等学校 第一合併教室
参加者:11校から生徒29名、教員12名
内容:型を使って俳句を作る方法を学び、俳句甲子園形式の練習試合を行いました。兼題:「涼し」「ラムネ」

俳句の作り方を一から勉強します。
俳句の作り方を一から勉強します

自分が思ったことを発表しましょう。
自分が思ったことを発表しましょう

チームで相談します。
チームで相談

模擬試合の合間も念入りに作戦会議です。
模擬試合の合間も念入りに作戦会議です

句の良いところをアピールします。
句の良いところをしっかりアピール

判定は!!審査員が紅白の旗を挙げます。
判定は!!

【参加者の感想】

  • おもしろかった。互いに意見をぶつけ合うことで俳句の質が高まっていくんだなぁと感じた。
  • 自分には思いつかない発想や言い回しが聞けて勉強になった。
  • 説明が分かりやすかったし、練習試合でもとても楽しんで取り組めてよかったです。

平成29年度 実施

  • 滋賀県(平成29年6月2日) 参加者:13校から生徒113名、教員13名
  • 鳥取県(平成29年7月27日) 参加者:8校から生徒27名、教員8名
  • 徳島県(平成29年12月16日) 参加者:2校から生徒10名、教員8名
  • 佐賀県(平成30年3月18日) 参加者:5校から生徒17名、教員5名
  • 高知県(平成30年3月21日) 参加者:4校から生徒20名、教員3名
  • 山口県(平成30年3月24日) 参加者:8校から生徒27名、教員8名

平成28年度 実施

  • 岡山県(平成28年5月29日) 参加者:10校から生徒39名、教員10名
  • 神奈川県(平成28年7月22日) 参加者:3校から生徒11名、教員3名
  • 滋賀県(平成28年9月11日) 参加者:5校から生徒33名、教員5名
  • 富山県(平成28年11月12日) 参加者:8校から生徒23名、教員9名
  • 山梨県(平成28年12月3日) 参加者:3校から生徒20名、教員4名
  • 山形県(平成28年12月11日) 参加者:6校から生徒34名、教員5名
  • 山口県(平成28年12月23日) 参加者:8校から生徒45名、教員7名
  • 香川県(平成29年1月28日) 参加者:2校から生徒21名、教員7名
  • 長崎県(平成29年2月26日) 参加者:8校から生徒22名、教員10名
  • 鹿児島県(平成29年3月11日) 参加者:3校から生徒数12名、教員1名

平成27年度 実施

  • 東京都(平成27年4月26日) 参加者:7校から生徒30名、教員5名
  • 新潟県(平成27年4月26日) 参加者:5校から生徒12名、教員5名
  • 広島県(平成27年5月2日) 参加者:5校から生徒21名、教員4名
  • 茨城県(平成27年5月17日) 参加者:3校から生徒11名、教員6名
  • 岐阜県(平成27年5月24日) 参加者:7校から生徒26名、教員7名
  • 岡山県(平成27年5月31日) 参加者:7校から生徒30名、教員7名
  • 静岡県(平成27年9月21日) 参加者:3校から生徒35名、教員3名
  • 千葉県(平成28年1月30日) 参加者:9校から生徒18名、教員10名
  • 奈良県(平成28年1月30日) 参加者:5校から生徒6名、教員6名
  • 福島県(平成28年1月31日) 参加者:6校から生徒15名、教員5名
  • 和歌山県(平成28年1月31日) 参加者:5校から生徒34名、教員9名
  • 大分県(平成28年2月6日) 参加者:5校から生徒26名、教員6名
  • 宮崎県(平成28年3月6日) 参加者:4校から生徒17名、教員5名

お問い合わせ

文化・ことば課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2 本館4階
電話:089-948-6952
E-mail:bunkakotoba@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

「ことば」を生かしたまちづくり

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.