【中止】特別講演「SDGsと食品ロス~消費者教育の視点から~」を開催します(令和4年1月25日開催分)

更新日:2022年1月13日

新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、参加者や関係者の皆様の安全を考慮し、開催を中止します。ご理解いただきますようお願いいたします。

概要

第43回全国都市清掃研究・事例発表会でSDGsと食品ロスをテーマにした特別講演を開催します。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。第43回全国都市清掃研究・事例発表会ホームページ(外部サイト)

特別講演「SDGsと食品ロス~消費者教育の視点から~」

SDGsが目指す「誰一人取り残さない社会」の実現のため、「大量生産・大量消費・大量廃棄」の消費の在り方をどのように変えていくことができるか、消費者教育の視点から考えます。

講演者

愛媛大学教育学部 准教授 竹下浩子氏
(プロフィール)
愛媛大学教育学部准教授。長崎市生まれ。大学院修了後、1999年~2005年にベルリン自由大学で日独の環境教育の比較研究をおこなう。帰国後、くらしき作陽大学講師を経て、2013年から現職。2018年から愛媛県内の小中高等学校の教員らと消費者教育とSDGsなどを学ぶ研究会を立ち上げ、学校で使う教材を開発している。

日時

令和4年1月25日(火曜日)16:00~17:00

会場

愛媛県民文化会館 サブホール
(松山市道後町2丁目5-1)
※会場は新型コロナウイルス感染症対策を実施しています。
※ご来場の際はマスク着用、検温、手指消毒のご協力をお願いします。

定員

200名(先着順)
※上限に達した場合は、募集を締め切らせていただきます。

参加料

無料

お問い合わせ

環境モデル都市推進課

愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館3階

電話:089-948-6434

E-mail:kankyou-m@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

環境学習と温暖化対策

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで