このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 暮らし の中の 生活環境 の中の 環境学習と温暖化対策 の中の 環境アート作品の巡回展示を行っています のページです。

本文ここから

環境アート作品の巡回展示を行っています

更新日:2021年9月30日

高校生が作成した環境アート作品を、市内小学校等で巡回展示しています。
児童たちが説明パネルを読んだり、自由に感じたことを紙に書いたりし、それぞれの学校で環境学習に生かします。

作品紹介


制作の様子

概要

 地上に捨てられたごみは、雨や川に流され、海に流れ着きます。プラスチックは生分解されないため、海を漂い、海の生物を傷つけています。小さく割れたマイクロプラスチック(5mm以下のプラスチックごみ)は、魚類や海鳥が食べることで、食物連鎖上位の生き物や、人への影響も懸念されています。
そこで、松山市では、海洋プラスチックごみを減らすため、環境を考えるアート作品を展示しています。
制作者は、愛媛県立北条高等学校の生徒で、「風早アクアランド」のメンバーです。家庭から排出されるプラスチックごみや、毎月のビーチクリーン活動で回収した流木などを利用して制作しました。

作品1 「今 できること」


作品『今 できること』

【作品紹介】
家庭から排出されたプラスチックごみでサメの頭部を作り、海洋プラスチック問題を表現した作品です。

作品2 「SDGsパネル」


作品『SDGsパネル』

【作品紹介】
毎月のビーチクリーン活動で回収した流木でSDGsの文字やプラスチックごみで苦しむ海の生物を鮮やかに描くなど、海洋プラスチック問題の深刻さを、高校生ならではの発想や感性を生かして表現しています。

作品3「魚になったブイ」【2021秋の新作】


作品『魚になったブイ』

【作品紹介】
北条の海岸に漂着物として打ち上げられた発泡スチロールブイで作成された魚です。
(北条高校コメント)
この発泡スチロールブイは主に養殖場や漁港で使われていたものが老朽化し、海に流され海洋ゴミとして海岸に漂着したものと考えられます。近年、海洋ごみ問題の責任をプラスチック製品に転嫁する考えが広まっています。しかし、海洋ごみ問題は人間の利己的な考えや行動が原因なのは明らかです。
人間は利己的な考えや行動を改め、地球という大きな生態系の一員として自然と共生しなければならないと考えこの作品を制作しました。

制作者 北条高校の想い

本校ではすべての教育活動の中でSDGsを意識して取り組んでいます。その一環として私たちは環境問題を楽しく学べる「風早アクアランド」を北条高校内に開設しています。「風早アクアランド」ではライトアップした水槽で気持ちを癒していただけるだけでなく、プロジェクションマッピング、ワークショップ、アート等を通して環境問題を楽しく遊びながら学べる体験型環境教育を実践しています。
本年度もコロナ禍の影響で交流学習は行えていないぶん、私たちがメッセージを込めて制作したアートが多くの方に観ていただけることに感謝しています。私たちが制作したオブジェを観て、未来に残したい豊かな自然について考えていただければ幸いです。


海岸のごみ拾い


作品3『魚になったブイ』制作の様子

お問い合わせ

環境モデル都市推進課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館3階
電話:089-948-6756
E-mail:kankyou-m@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

環境学習と温暖化対策

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.