家庭用廃パソコンの処理方法

更新日:2024年1月5日

 令和2年4月1日より、家庭用廃パソコン[ブラウン管(CRT)ディスプレイ・ブラウン管(CRT)ディスプレイ一体型パソコンを除く]を粗大ごみとして収集しています。なお、従来通り、各パソコンメーカーやパソコン3R推進協会が行うリサイクル制度を利用することもできます。

粗大ごみで収集できるパソコン

粗大ごみで収集できるパソコン

処理方法

松山・北条地域の方
処理方法

(注記)西クリーンセンターは、不燃性粗大ごみ(電気製品など)の持ち込みはできません。

回収対象は、小型家電回収ボックスの投入口(幅30cm×高さ15cm)に入る小型家電です。

  • 各パソコンメーカーやパソコン3R推進協会のリサイクル制度を利用する。

リサイクル制度の利用方法は、下記「粗大ごみで収集できないパソコン」の「処理方法」にて確認してください。


中島地域の方
処理方法
  • ごみ集積場所へ出す。

回収対象は、小型家電回収ボックスの投入口(幅30cm×高さ15cm)に入る小型家電です。

  • 各パソコンメーカーやパソコン3R推進協会のリサイクル制度を利用する。

リサイクル制度の利用方法は、下記「粗大ごみで収集できないパソコン」の「処理方法」にて確認してください。


粗大ごみで収集できないパソコン

粗大ごみで収集できないパソコン

処理方法

  • 各パソコンメーカーやパソコン3R推進協会のリサイクル制度を利用する。
詳細
メーカー等が分かる場合

各メーカー等の受付窓口に回収依頼をしてください。

メーカー等が分からない場合

次のリンク先からパソコン3R推進協会に回収依頼をしてください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。一般社団法人 パソコン3R推進協会(家庭から排出されるパソコンの回収申込み)(外部サイト)


関連リンク

お問い合わせ

清掃課

〒790-0026 愛媛県松山市室町一丁目2-1

電話:089-921-5516

E-mail:seisou@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ごみの出し方・分け方

このページを見ている人はこんなページも見ています

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで