このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 暮らし の中の 補助金 の中の 妊婦一般健康診査を県外医療機関で受診された場合の払い戻し のページです。

本文ここから

妊婦一般健康診査を県外医療機関で受診された場合の払い戻し

更新日:2016年4月1日

妊婦一般健康診査を県外医療機関で受診される方へ

医療機関および助産所で健診費用を支払っていただき、所定の手続き後に口座振込となります。

対象となる方

  • 妊婦健診受診日に松山市に住民登録のある方
  • 県外(日本国内に限る)医療機関および助産所で妊婦健診を受診された方

受診から申請・交付までの手続き

1.県外医療機関および助産所で健診を受診された方は、健診の費用を医療機関窓口でお支払いください。
2.申請窓口で、妊婦一般健康診査助成申請書に記入していただきます。
  申請は原則としてすべての健診が終了した後、行ってください。
  申請には以下のものが必要です。(本人以外の申請も可)

  • 領収書※申請するすべての健診回数分が必要(レシート不可)

  健診受診医療機関および助産所名、健診受診日、妊婦氏名、健診料金(保険適用外の妊婦健診であることがわかるもの)

  • 未使用の松山市妊婦一般健康診査受診票
  • 母子健康手帳(健診実施の記載のあるもの)
  • 預貯金口座がわかるもの
  • 印鑑(朱肉を使うもので、スタンプ印は不可)

3.審査後、支給・不支給決定通知を送付し、支給の場合に後日助成金を口座振込いたします。

請求できる費用の額

受診日ごとに、助成上限額以内で実際に健診費用として支払った額になります。保険診療分は対象になりません。

注意点

  • 最終健診受診日または出産日から6か月以内にご申請ください。(6か月を経過したものについては請求できません。)
  • 申請には未使用の「松山市妊婦一般健康診査受診票」が必要となります。紛失しないようご注意ください。

申請窓口

  • 松山市保健所1階 健康づくり推進課
  • 保健センター南部分室
  • 保健センター北条分室
  • 保健センター中島分室

お問い合わせ

健康づくり推進課 母子健診担当
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所 1階
電話:089-911-1820
FAX:089-925-0230
E-mail:kenkou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

補助金

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.