令和4年度 V2H充放電システム設置補助金

更新日:2022年3月25日

補助金申請に関するよくある質問は、こちらに掲載しています。
よくある質問

V2H充放電システムについて

 V2Hは、家と電気自動車(EV)等をつなぎ、電気を双方向(EVへの充電、EVから家へ送電)でやりとりできる機器です。
EVとつなぐことで、大容量の家庭用蓄電池として使えます。
また、太陽光発電がある家では、CO2ゼロの電気をEV等に蓄電し使うことができます。

目次

補助対象

対象となる機器

・松山市内に設置したシステム
・CHAdeMO認証を受けたもの
・新品(中古品・リース品は対象外)

対象となる者

個人または法人(1年度1回のみ申請可)

対象の条件

  1. 保証書の引渡し日から起算して1年以内であること。
  2. 松山市税を滞納していないこと。 
  3. 設置について建築基準法等、関係法令を遵守していること。
  4. 当該システムに対し、松山市が行う他の補助金の交付を受けていないこと。

補助対象経費

補助対象経費
対象 本体機器部、パワーコンディショナー(本体機器に内蔵されていない場合又は蓄電池との併用でない場合)
V2H充放電システムに設置関する工事費(配線及び配線器具等を含む)

※対象外となるもの……既設物の取り外し費用、処分費、オプション(延長保証等)、追加工事、事務費用等

補助金額

上限8万円(ただし、補助対象経費が8万円より少ない場合は、その金額)

受付期間

令和4年4月1日から令和5年3月31日まで
※予算がなくなり次第、締め切ります。

必要書類

必ずチェックシートで確認しながら、次の順に申請書類一式を作成し、提出してください。

申請書の提出先

〒790-8571 松山市二番町四丁目7-2 別館3階 松山市役所 環境モデル都市推進課
  午前8時30分から午後5時00分まで受付 電話089-948-6437
※郵送での申請も受け付けますが、窓口持参を優先します。
※到着確認を希望する場合は、簡易書留等をご利用ください。

交付要綱

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境モデル都市推進課

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館3階

電話:089-948-6437

E-mail:kankyou-m@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

補助金

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで