あなたの家のブロック塀は大丈夫ですか?

更新日:2020年8月27日

 平成30年6月18日に大阪北部で発生した地震では、ブロック塀の倒壊により複数の方が犠牲になるという痛ましい事故が発生しました。
 通学路などの道路は、避難や救助活動に重要な存在ですが、身近な道路に面したブロック塀は安全でしょうか。
 地域で互いに協力しながら、早めにブロック塀を点検し、災害へ備えましょう。

ブロック塀の点検をお願いします

主な点検項目

・塀の高さが1.2メートルを超える場合、控え壁はあるか。
・塀の高さが2.2メートルを超えていないか。
・鉄筋が入っているか。
・全体の傾きはみられるか。
・ひび割れ、損傷が確認できるか。
※詳しくは、点検表をご活用ください。

ブロック塀の基準

 ブロック塀については、建築基準法に定められていますが、日本建築学会では、建築基準法をふまえ、より細かな数値で「コンクリートブロック塀設計規準」を定めています。

日本建築学会規準(下記PDF)を掲載しています。

国土交通省が示すチェックポイント

愛媛県内におけるブロック塀に係る取扱い運用基準

ブロック塀に関する補助金等

通学路及び避難路に面した、倒壊のおそれのある危険なブロック塀等の撤去及びフェンスなどの新設に要する費用の一部を補助する制度があります。詳細につきましては、ブロック塀等安全対策補助事業(下記リンク)をご参照ください。

既存のブロック塀を取り壊して生け垣に改造する場合、松山市(公園緑地課)から奨励金を受け取ることができます。詳細につきましては、緑のまちづくり奨励金制度(下記リンク)をご参照ください。

※ブロック塀等の取り壊しは、生け垣に改造する箇所のみ対象となります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

建築指導課

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館9階

電話:089-948-6512

E-mail:kenchikus@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

建物

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで