このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

伊佐爾波神社申殿及び廊下 1棟

更新日:2012年3月1日

伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ)申殿(もうしどの)及び廊下(ろうか)」について

伊佐爾波神社申殿及び廊下 1棟

文化財の区分

重要文化財(建造物)

指定(登録)年月日

昭和42年6月15日 指定

所在地及び所有者(管理者)

松山市桜谷町 伊佐爾波神社

解説

 申殿(もうしどの)は、本殿の前に位置する建物で、桁行1間、梁間1間、一重、切妻造、ニ軒(ふたのき)桧皮葺(ひわだぶき)、平入りである。
 その前面には廊下の屋根が取合い、背面は本殿向拝の軒先と出合い、ここにも共通の樋が架けられる。柱は方柱で上に連三ッ斗(つれみつど)を置くが、桁行の虹梁(こうりょう)の基部には大仏様(だいぶつよう)差肘木(さしひじき)(獅子頭模様)が、また左右の妻側梁下には花狭間(はなざま)がある。
 北面に献饌所を設け、残る三方は吹放ちとし、床は敷瓦である。
 廊下は、桁行4間、梁間1間、一重、切妻造、ニ軒、桧皮葺、妻入りである。その前面は楼門に、背面は申殿に取合う。
 柱は方柱で上に出組斗きょうを備え、桁行の柱間には中備(なかぞなえ)蟇股(かえるまた)が置かれる。四方吹放ちで、床には敷瓦が敷かれる。
 申殿と廊下は、明治30年(1897年)の修理で屋根は桟瓦葺に、また一部床板を張り、板壁が仮設されていたが、昭和43年から45年(1968年〜1970年)の修理において創建時の姿に復された。
 両棟とも木部は()塗りで、斗きょう・差肘木・蟇股・懸魚(げきょ)など意匠部分には本殿に準じて胡粉彩色が施されている。
 申殿・廊下は、平成12年から14年(2000年〜2002年)の3か年をかけて、桧皮葺の屋根葺替を行っている。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

国指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.