このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

伊佐爾波神社楼門 1棟

更新日:2012年3月1日

伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ)楼門(ろうもん)」について

伊佐爾波神社楼門 1棟

文化財の区分

重要文化財(建造物)

指定(登録)年月日

昭和42年6月15日 指定

所在地及び所有者(管理者)

松山市桜谷町 伊佐爾波神社

解説

 楼門は、石段を上りつめた社殿の正面に位置する。一間一戸の楼門で、屋根は入母屋造(いりもやづく)り、ニ軒(ふたのき)、本瓦葺である。柱は円柱で2階柱上には三手先の疎組斗きょう(あみぐみときょう)を置いて軒を受け、蛇腹支輪(じゃばらしりん)軒格天井(のきごうしてんじょう)を持つ。1階の柱は上部に(ちまき)を付け、頭貫(かしらぬき)台輪(だいわ)の上に腰組を置いて2階の回縁を受ける。門の前面には、一間向(いっけんむかい)唐破風、本瓦葺の向拝(こうはい)が付く。これらの木部の()塗り、彩色は本殿に同じである。

 屋根を受ける四隅の斗きょう(ときょう)の上段尾垂木(おだるき)上には、裸身の力士像が置かれて全身で隅木(すみぎ)を支える。これは法隆寺五重塔の裳階(もこし)の上に見られるもので、先の本殿の妻の蟇股(かえるまた)迦陵頻伽(かりょうびんが)の姿が彫られ、廻廊の内部化粧梁に錫杖(しゃくじょう)彫りが施され、廻廊の内部蟇股(かえるまた)に一遍上人遊行の姿が描かれていることなどとも併せ、当神社の社殿が仏教建築の細部意匠を多用していることがわかる。このことは八幡神により始まった神仏習合の、その長い歴史を物語るものである。

お問い合わせ

文化財課(文化財保護担当)
〒790-0003 愛媛県松山市三番町六丁目6-1 第4別館2階
電話:089-948-6603
E-mail:kybunka@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

国指定文化財

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.