このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 報道資料 の中の 平成26年度 の中の 2014年5月 の中の 新井満さんが正岡子規の俳句にメロディをつけた新曲のレコーディングを行います のページです。

本文ここから

新井満さんが正岡子規の俳句にメロディをつけた新曲のレコーディングを行います

更新日:2014年5月23日

発表内容

概要

正岡子規の俳句にメロディーがつきました。作曲した新井満さんが新曲のレコーディングを行います。松山市長が応援に駆け付け、合唱に参加します。

日時

平成26年5月29日(木曜日)11時〜12時30分(予定)

場所

蟠龍寺スタジオ(東京都目黒区下目黒3丁目4-4蟠龍寺内)

参加者

新井満氏、松山市長野志克仁、ことばのちから実行委員長ほか

レコーディング内容

新曲『春や昔』(約5分間の楽曲)、合唱、朗読などのレコーディング

これまでの経緯

昨年9月、“子規のいる街シンポジウム”の席上で松山市長や故天野祐吉氏、子規記念博物館竹田美喜館長が新井氏に、「楽曲『この街で』の作詞作曲歌唱などで松山市と縁の深い新井満さんにお願いがあります。正岡子規の俳句約2万5千句の中から好きな作品を選び、作曲し、松山市民のために新しい愛唱歌を作ってくれませんか」と依頼しました。これを喜んで引き受けた新井氏は約半年間をかけて選句・作曲し、子規の名句「春や昔十五万石の城下かな」など8句にメロディをつけることに成功しました。和歌や短歌と異なり文字数の少ない俳句の楽曲化は、前例も少なくきわめて難しいと言われてきました。完成した楽曲は6月28日(土曜日)に松山市で初披露されます。

新曲発表イベント

日時:平成26年6月28日(土曜日)15時〜16時30分(予定)
場所:松山市総合コミュニティセンター・キャメリアホール(湊町7丁目)

お問い合わせ

都市ブランド戦略課内 ことばのちから実行委員会事務局
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館8階
ことばのちから担当課長:前神 千草
担当執行リーダー:玉井 友子
電話:089-948-6952
E-mail:city-brand@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

2014年5月

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.