このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

ダイオキシン類

更新日:2016年9月20日

ダイオキシン類とは

ダイオキシン類は、塩素を含む有機化合物の一種で、次の3つのグループに含まれる物質をまとめて「ダイオキシン類」といいます。

  1. ポリ塩化ジベンゾ‐パラ‐ジオキシン(PCDD)
  2. ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)
  3. コプラナーポリ塩化ビフェニル(Co‐PCB) 

ダイオキシン類は塩素の位置や数などによって形が変わるので約230種類あります(そのうち毒性があるものは29種類です)。

ダイオキシン類の毒性

ダイオキシン類は毒性の強い物質で発ガン性があり、免疫機能・甲状腺機能の低下や胎児の奇形、体内のホルモンバランスを変化させる作用があることが報告されています。

主な発生原因とその対応

ダイオキシン類は意図的に作られることはありませんが、炭素・酸素・水素・塩素を含む物質が熱せられるような過程でできてしまいます。したがって、ごみの焼却や紙の塩素漂白など、様々なところで発生します。
ダイオキシン類を減らすために、ごみの焼却施設に対する排ガス規制や施設の改善などの対策を官民が一体となって取り組んでいます。

ダイオキシン類の汚染経路

ごみの焼却などから発生したダイオキシン類は、大気中に出ていき、雨などにより土壌や河川に落ちていきます。さらに、植物や魚に食物連鎖を通して取り込まれていくことで、生物にも蓄積されていくと考えられています。

ダイオキシン類測定結果(環境調査及び事業場からの報告

お問い合わせ

環境指導課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館4階
電話:089-948-6442
FAX:089-934-1812
E-mail:kankyok@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

公害

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.