【犬の登録】狂犬病予防法の特例について【令和4年6月1日から】

更新日:2022年6月9日

狂犬病予防法の特例について


令和4年6月1日から、改正動物愛護法により、犬にマイクロチップを装着し、国の指定登録機関(公益社団法人 日本獣医師会)に情報登録すれば、狂犬病予防法の特例として犬の登録等の申請とみなされ、装着したマイクロチップが犬鑑札とみなされます
松山市はこの特例制度に参加し、犬の登録の手続きが一部変わります

犬の登録の手続きについて

飼い犬にマイクロチップを・・・
 

装着する場合

装着しない場合

登録

指定登録機関に情報登録する
(=市への犬の届出は不要)

保健所、支所、契約動物病院のいずれかで犬の登録手続きを行い、犬鑑札の交付を受ける
鑑札

マイクロチップが犬鑑札とみなされる
すでに犬鑑札を持っている(犬登録がある)場合、犬鑑札を保健所へ返却する

犬鑑札を犬に着ける
変更・死亡

指定登録機関に変更・死亡登録する
(=市への犬の届出は不要)

保健所、市役所、支所のいずれかで変更・死亡手続きを行う

※マイクロチップが犬鑑札とみなされるのは、生後91日齢以上の犬に限ります。
※市外へ転出する場合、特例制度に参加しない自治体では転出先での手続き方法が異なる場合がありますのでご注意ください。

マイクロチップについて、情報登録や変更登録の義務・努力義務についてはリンクを参照してください。

マイクロチップ情報登録及びお問い合わせ窓口

指定登録機関(公益社団法人 日本獣医師会)での情報登録は上のリンクからしてください。

下の登録団体にマイクロチップを登録済みの場合は、上のリンクからしてください。

  • Fam(ファム)
  • JKC(ジャパンケネルクラブ)
  • 日本マイクロチップ普及協会
  • 日本獣医師会(AIPO)

※その他の登録団体に登録済みの方も、マイクロチップの装着の確認が取れれば受付できる場合がありますので、個別に日本獣医師会へお問い合わせください。
※登録がなかった場合や不備のある申請の場合、移行登録はできません。


公益社団法人 日本獣医師会
〒107-0062 東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館23階
TEL:03-6384-5320(情報登録、変更登録)、03-3475-1601(移行登録)
E-mail:info@mc.env.go.jp

犬の登録について(マイクロチップを装着しない場合)

犬の登録は従来通り、松山市保健所(萱町六丁目)、各支所、契約動物病院で行うことができます。
犬の登録を行い、犬鑑札の交付が受けられる契約動物病院の一覧はリンクを参照してください。

犬猫等販売業者の皆様へ

  • 令和4年6月1日以降、犬猫等販売業者(ブリーダーやペットショップなど)は、犬や猫に対してマイクロチップの装着及び指定登録機関への登録が義務付けられます。(令和4年5月31日以前から所有する犬や猫は除きます)
  • 適切にマイクロチップを装着し、情報登録を行えば、市への犬の登録の申請は基本的に不要です。
  • 令和4年6月1日以降、もし犬の登録(犬鑑札の交付)を希望する場合は、事前に松山市保健所 生活衛生課までご確認ください。

お問い合わせ

生活衛生課 動物愛護担当
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30番地5 松山市保健所1階
電話:089-911-1862
FAX:089-923-6627
E-mail:hceisei@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

ペット・動物

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで