このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

レジオネラとは

更新日:2012年3月1日

 レジオネラとはレジオネラ属菌という細菌のことをいいます。レジオネラ属菌の感染によって起こる感染症がレジオネラ症≪新4類感染症≫で、肺炎を中心とするレジオネラ肺炎と、肺炎にならない自然治癒型のポンティアック熱の2つの病型があります。

Q1.レジオネラ属菌ってどんな細菌?

 土の中や河川、湖沼など自然界に生息する細菌で、現在41菌種が確認されています。これを総称して「レジオネラ属菌」といいます。

Q2.どうやって増えるの?

 冷却塔水や循環式浴槽水など水温20℃以上の人工環境水中では、アメーバなど細菌を餌とする原生動物が多数生息しています。
 レジオネラ属菌は土ぼこりや人の体などを介して水中に入り、そこに生息するアメーバに取り込まれます。レジオネラ属菌はアメーバに寄生する性質を持つため、細胞内で増殖し、やがては宿主であるアメーバを食い殺して、水中に一斉に放出されます。
 レジオネラ属菌は、水温20〜50℃で増殖し、36℃前後で最もよく繁殖します。

Q3.どのようにして感染するの?

 加湿器、冷却塔水、浴槽水(ジェット風呂、気泡風呂、打たせ湯等)などでは水面上で気泡が破れる際、同時にレジオネラ属菌を含むアメーバ自体も破裂し、微粒子の水蒸気とともに菌が空中を長く浮遊します。
 その空気を吸い込むことによって菌が肺に入り、免疫力が弱っている人などは発病します。浴槽内で溺れて汚染水を呼吸器に吸い込み感染した事例も報告されていますが、人から人へは感染しませんので、患者を隔離する必要はありません。

Q4.レジオネラ症の症状は?

 レジオネラ肺炎とポンティアック熱の2つの病型があります。
 レジオネラ肺炎は、2〜10日(平均4〜5日)の潜伏期を経て発病し、悪寒、高熱、全身倦怠感、頭痛、筋肉痛などが起こり、呼吸器症状として痰の少ない咳、少量の粘性痰、胸痛・呼吸困難などが現れ、症状は日を追って重くなっていきます。腹痛、水溶性下痢、意識障害、歩行障害を伴う場合もあります。病勢の進行が早く、死亡例は発病から7日以内が多いようです。 医療機関への受診が遅れ、有効な抗生剤療法が間に合わないと、致死率は60〜70%にもなります。(間に合えばおおよそ10〜20%の致死率)
 ポンティアック熱は、寒気、発熱、筋肉痛などの症状が起こりますが、一般に軽症で数日で直ります。
 気になる症状があるときは、必ず病院へ行き受診してください。

Q5.どんな人が感染しやすいの?

 レジオネラ肺炎は健常者もかかりますが、糖尿病患者、慢性呼吸器疾患者、免疫不全者、高齢者、幼弱者、大酒家や多量喫煙者は罹りやすい傾向にあります。

Q6.どんな対策が有効なの?

 毎日のお湯の抜き換えや、清掃及び消毒を欠かさないようにしてください。
 特に循環式の浴槽の場合は、ろ過装置や配管の汚染が考えられますので、常に塩素系薬剤等で、菌の増殖を防ぐことが大切です。

Q7.私のよく行く入浴施設は大丈夫?

 市内の公衆浴場及び旅館は、平成15年10月の条例改正によりレジオネラ属菌検査を含む水質検査が義務付けられました。これにより施設が自主検査を行い、安全の確認を行っておりますので、安心してお入りください。
 なお、検査の結果が知りたい場合は、直接、施設の方にご確認ください。

Q8.自宅のお風呂は大丈夫?

 家庭用の24時間風呂をご使用の場合は、危険性が十分にあります。
 連日使用型の家庭用循環式浴槽は、清掃頻度が一定せず、消毒剤を注入されていない場合は、バイオフィルム(生物膜、ぬめり)が形成されていることが多く、菌が増殖している可能性はあります。
 そのため、対策として毎日1回の換水と清掃の実施を行ってください。(*ろ過装置の消毒に関しては製造業者等にお問い合わせください)

お問い合わせ

松山市保健所生活衛生課 生活衛生担当
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30番地5 松山市保健所1階 
電話:089-911-1807 
ファクス:089-923-6627
E-mail:hceisei@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.