自閉症啓発デー・発達障害啓発週間

更新日:2022年3月31日

毎年4月2日は、国連で定められた「世界自閉症啓発デー」です。

自閉症とは

コミュニケーションの場面で、言葉や表情などでの相互的なやり取りが苦手であったり、特定のことに強い関心を持っていたりするなどの特徴がある発達障がいです。

毎年4月2日から8日は、「発達障害啓発週間」です。

発達障がいとは

生まれつき脳の働き方に違いがあることによる特性で、自閉スペクトラム症、注意欠如・多動症(ADHD)、学習症(学習障がい)、チック症、吃音などが含まれます。
市民のみなさんに発達障がいについて知っていただくこと、理解していただくことは、障がいのある方だけではなく、誰もが幸せに暮らすことができる社会の実現につながります。

松山城等のブルーライトアップ

我が国では、発達障がいへの広報・啓発の取り組みとして、毎年4月2日から8日までの間に、名所・旧跡をシンボルカラーであるブルーにライトアップするなど、様々なイベントが行われています。
本市では、令和4年4月2日(土曜日)に、松山城と松山市総合福祉センター(若草町8-2)のブルーライトアップを実施します。

こどもの相談室 ふらっと

令和4年4月から、若草町のハーモニープラザ3階に、子どもの発達等に関する相談窓口を新たに設置します。
お子様の発達に関するお悩み等があれば、お気軽にご相談ください。
【問合せ先】
・名称:こどもの相談室 ふらっと
・所在地:松山市ハーモニープラザ3階(松山市若草町8-3)
・TEL:089-997-7955
・FAX:089-977-7977
・E-mail:furatto@matsuyama-swwo.jp

関係団体の紹介

市内には、発達障がいのある方やその家族の福祉の増進を目指して活動している団体があります。

団体の紹介
団体名 活動内容等
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。JDDnet愛媛(日本発達障害ネットワーク愛媛)(外部サイト) 自閉症、アスペルガー症候群その他の広汎性発達障害、学習障がい、ADHD等の発達障がいのある人が、誇りを持って暮らし、学び、働けるよう障がいに関する社会一般の理解向上を図り、発達障がいのある人と家族の福祉の増進に寄与することを目指して活動しています。また、ネットワークの目的・趣旨に賛同する団体・各関係機関の参加を呼び掛けています。

発達障害当事者サミットについて【JDDnet主催事業】

世界自閉症啓発デー及び発達障害啓発週間記念事業として、JDDnet愛媛により「発達障害当事者サミット」が開催されます。

  • イベント名:発達障害当事者サミット
  • 日時:令和4年4月2日(土曜日)13時30分から15時30分まで
  • 開催方法:オンライン(ZOOM)
  • 対象者:発達障がいに興味のある方
  • 内容:発達障がい当事者による発表
  • 備考:参加費500円、事前申込みが必要

詳細な情報が、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。まつやまNPOサポートセンターのホームページ(外部サイト)に掲載されていますので、ご覧ください。

お問い合わせ

障がい福祉課

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 別館1階

電話:089-948-6353

E-mail:shougai@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

その他

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで