坊っちゃん文学賞よみ芝居公演

更新日:2022年5月10日

目的

 松山市の文化的イメージを高め、全国にPRするため「坊っちゃん文学賞」を昭和63年に創設し、令和元年の第16回からはショートショートの文学賞としてリニューアルしました。
 34年間続くこの賞のさらなる発展を願い、この度、受賞作品の中からショートショート作品の一部を舞台化して上演します。
 受賞作品を舞台化することにより、多くの方に「坊っちゃん文学賞」をより身近に感じてもらい、地元の魅力の再発見や文化振興に繋げるとともに、坊っちゃん文学賞の応募数増加や作品の更なるレベルアップを図ることを目的とします。

よみ芝居公演について

 「坊っちゃん文学賞よみ芝居公演」を令和4年7月と令和5年2月に開催し、ショートショート受賞作品を初めて舞台化します。
 原作の文章をそのままに朗読と演劇を融合させながら上演する「よみ芝居」の形式で実施します。
 舞台の構成や演出は、松山市内で舞台芸術活動をプロデュースする『舞台芸術倶楽部「ごそく楼」』が行います。

令和4年7月公演

日時:令和4年7月9日(土曜日)18時開演
         10日(日曜日)11時開演、15時開演
場所:松山市総合福祉センター1F大会議室 (松山市若草町8-2)
作品:「shell work(シェル ワーク)」 (第15回佳作/著者:小狐裕介)
   「プリンター」 (第16回佳作/著者:松野志部彦)
   「レトルト彼」 (第16回佳作/著者:霜月透子)
主催:舞台芸術倶楽部「ごそく楼」
共催:松山市
定員:各回110人(先着順)
料金:一般1,500円、高校生以下1,000円(未就学児の観劇は、ご遠慮ください。)
   ※事前予約制です。料金は当日会場でお支払いください。
申  込:
<期間> 令和4年5月15日(日曜日)~令和4年7月8日(金曜日) ※満席になり次第終了
<方法> 下記の申し込みフォームまたは往復はがきに、希望日時、郵便番号、住所、氏名、電話番号、 希望人数を記入し、申し込んでください。
<宛先> 〒790-8571 松山市二番町4丁目7-2 文化・ことば課「坊っちゃん文学賞よみ芝居公演」係

QRコード
QRコード(申し込みフォーム)

問合せ先:舞台芸術倶楽部「ごそく楼」 TEL:090-4979-1325(渡部)
     松山市文化・ことば課    TEL:089-948-6634

令和5年2月公演

 日時:令和5年2月4日(土曜日)夜間、5日(日曜日)午前、午後
 場所:松山市民会館中ホール
 作品:大賞作品を含めて上演作品を選定中
 定員:各回560人
 ※詳細が決まり次第、お知らせします。

舞台芸術倶楽部「ごそく楼」について

・平成4年設立の「演劇ネットワークOffice59」を中心に舞台芸術活動のプロデュースを行う団体。
・演劇ネットワークOffice59は設立して以来30年間、松山を中心に演劇公演を開催し、松山市民演劇や県民文化祭など地元開催の演劇企画に積極的に参加。代表の渡部和也氏は平成23年から毎年、子規の命日「糸瓜忌」に子規記念博物館で一人芝居を公演。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

文化・ことば課

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2 本館4階

電話:089-948-6634

E-mail:bunkakotoba@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

「ことば」を生かしたまちづくり

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで