このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の 市政情報 の中の まちづくり の中の 「ことば」を生かしたまちづくり の中の (実施報告)子規・漱石生誕150年記念俳都松山キャラバンin台北〜十七音が景色を変える〜 のページです。

本文ここから

(実施報告)子規・漱石生誕150年記念俳都松山キャラバンin台北〜十七音が景色を変える〜

更新日:2017年4月5日

俳都松山キャラバンが海を渡り台北で開催されました

平成29年3月25日、台北市紀州庵(台北市指定重要文化財)で「子規・漱石生誕150年記念俳都松山キャラバンin台北〜十七音が景色を変える〜」を開催しました。
115名の方が参加し、日本語を学ぶ台湾の大学生による「俳都松山キャラバンin台北」俳句コンテスト表彰式の後、俳都松山大使夏井いつきさんによる句会ライブと夏井さん・台北俳句会の杜青春さん・義守大学の花城可裕さんによるパネルディスカッションを行い、俳句と俳都松山の魅力を体感しました。


紀州庵(台北市指定重要文化財)


俳都松山大使の夏井いつきさん

後援

台北市政府文化局  公益財団法人日本台湾交流協会台北事務所  台北俳句会

主な参加者

台湾で日本語を学ぶ大学生及び教員
台北俳句会会員
日本からの「俳都松山キャラバンin台北ツアー」参加者
後援団体関係者

第一部 「俳都松山キャラバンin台北」俳句コンテスト表彰式

はじめに、このイベントのために台湾各地の日本語を学ぶ大学生から投句いただいた俳句コンテストの表彰式を行いました。各賞は表彰式当日に発表され、応募作品を表彰式会場に展示しました。また、全ての応募作品を短冊に揮毫し、記念品として投句者へお渡ししました。

<コンテスト概要>
・投句資格  台湾在住の大学生
・応募期間  平成29年2月1日(水曜日)から平成29年3月5日(日曜日)
・兼  題  「花季(かき・はなどき)」または当季雑詠
・応募方法 上記兼題にそった作品で一人2句まで(未発表句に限る)
        大学単位で応募
・選  者  夏井いつき
・各  賞  【大 賞】全句から1句  賞状・副賞
        【優秀賞】全句から3句  賞状・副賞
        【入 賞】全句から3句  賞状・副賞
        【参加賞】全句       記念品

応募状況:投句者数110人、投句数158句、参加大学数7校


俳句コンテストの結果


俳句コンテスト表彰式


指導いただいた大学の先生方にも感謝状を贈呈

第二部 句会ライブ

夏井いつきさんが俳句の作り方を解説した後、季語「花季」で一人一句を作り投句します。夏井さん・杜青春さん・花城可裕さんが選んだ優秀5句の中から、多数決で最優秀句・優秀句を決めます。この2句をモチーフにしたライブペイントを行い、上位句の賞品として贈呈しました。最優秀句には台北俳句会の三宅節子さんの句「花季や子に焼く卵今日二つ」、優秀句には天主教輔仁大学の李哲宇さんの句「花季や淡い憂鬱風の中」が選ばれました。

<受賞者のコメント>
最優秀賞:三宅節子さん
受賞句:花季や子に焼く卵今日二つ
「とても驚いたが嬉しい。忙しくて会えていない大学生の息子のことを思い、すれ違いを詫びる母の気持ちを俳句に詠んだ。」

優秀賞:李哲宇さん
受賞句:花季や淡い憂鬱風の中
「人生は十人十色。華やかな世界にいても風が吹くと淡く憂鬱な気持ちになることもあるという感情を詠んだ。自分の気持ちを表せる俳句は素晴らしいと思う。」


熱心に句作する参加者の皆さん


参加者全員で最優秀・優秀句を決めます


優秀賞を受賞した李さんとペイント作品


最優秀賞を受賞した三宅さんとペイント作品

第三部 パネルディスカッション

夏井さん・杜さん・花城さんの3人が参加者からの質問に答える形で、俳句に関するトークを繰り広げました。参加者から「夢はありますか?」と問われた夏井さんは「台湾にも日本語を学ぶ人、俳句を学ぶ人がもっともっと増えて欲しい。私の夢は、全ての日本人を俳人にして、日本語を愛してくれる台湾の皆さんと俳句を作ること」と答え、会場からは大きな拍手が起こりました。

<出演>
俳都松山大使 夏井いつき氏
台北俳句会 杜青春氏
義守大学応用日語学系教授 花城可裕氏


俳句についてのトークを展開

お問い合わせ

文化・ことば課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2 本館5階
電話:089-948-6952
E-mail:bunkakotoba@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

「ことば」を生かしたまちづくり

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.