このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

歴史年表

更新日:2019年1月15日

歴史年表

道後温泉の歴史年表
和暦等 年代 西暦年代 道後温泉に関する事項

法興

6年 596年 聖徳太子、伊予温泉に来浴される
舒明帝 11年 639年 舒明天皇、道後に行幸される
斉明帝 7年 661年 斉明天皇、道後に行幸される 熟田津の歌がつくられる
和銅 6年 713年 山部赤人、伊予の湯に来て歌を詠む
正応 1年 1288年 一遍上人、道後の奥谷宝厳寺に留まる 湯釜の宝珠に六字の名号を書いたと伝う
享禄 4年 1531年 河野太郎通直、道後温泉の湯釜に銘文を刻する
永禄 5年 1562年 河野通直、入浴規定を定め、石手寺の僧に便宜をはかる
慶長 19年 1614年 地震のため、温泉の湧出とまる
寛永 2年 1625年 地震のため、温泉の湧出とまる
寛永 12年 1635年 松平定行、松山城主として入部する
寛永 15年 1638年 松平定行、道後温泉の諸施設の充実をはかる
寛永 21年 1644年 雲厳、「豫州道後温泉記」成る
延宝 2年 1674年 入浴規定が公布される
延宝 8年 1680年 入浴規定が公布される
天和 2年 1682年 俳人 岡西惟中、来浴する
貞享 2年 1685年 俳人 大淀三千風、来浴する
貞享 2年 1685年 地震のため、温泉の湯がにごる
元禄 7年 1694年 松山藩主 松平定直、馬湯を改築する
元禄 15年 1702年 松山藩主 松平定直、神の湯を改築する
元禄 15年 1702年 僧 曇海、「玉の石」という入浴案内書を、編集する
宝永 4年 1707年 大地震のため、温泉の湧出とまる
宝永 5年 1708年 再び湧出しはじめ、一般の入浴を許す
宝永 5年 1708年 「道後温泉之記」、はじめて板行される
正徳 2年 1712年 真柳玄昌、「道後温泉不在冷気論」を著わす
享保 3年 1718年 入浴規定が公布される
寛保 1年 1741年 入浴規定が公布される
寛保 2年 1742年 湯祈祷が行われる
寛延 4年 1751年 洒風軒 村山一志、道後温泉の句を集め、刊行する
寛政 7年 1795年 小林一茶、来浴する
享保 1年 1801年 杉山熊台 「伊豫国道後温泉記」成る
文政 4年 1822年 十返舎一九、道後温泉の実況を描く
文政 6年 1823年 近藤篤山、来浴する
文政 7年 1824年 頼春風、来浴する
文政 12年 1829年 頼杏坪、来浴する
天保 3年 1832年 徳島藩主 蜂須賀斉昌、道後に来浴する
安政 1年 1854年 大地震のため、温泉の湧出とまる
安政 2年 1855年 再び、湧出しはじめる
文久 2年 1862年 緒方洪庵、入浴する
文久 3年 1863年 九月 魚群、「温泉記」成る
明治 5年 1872年 道後温泉、一・二・三の湯が二層楼に改築される
明治 8年 1875年 原泉社を結成して、温泉の経営をする
明治 11年 1878年 新湯が落成する
明治 19年 1886年 服部南郭の伊予国温泉碑を建てる
明治 23年 1890年 伊佐庭如矢、道後湯之町初代町長となる
明治 25年 1892年 養生湯が改築され、松湯・薬湯が新設される
明治 27年 1894年 伊佐庭如矢初代道後湯之町町長、道後温泉本館を改築。現在の三層楼となる
明治 28年 1895年 正岡子規・夏目漱石、入浴する
明治 29年 1896年 夏目漱石・高浜虚子、入浴する
明治 32年 1899年 霊の湯および又新殿が新築落成する
明治 36年 1903年 道後温泉震災復旧五十年記念祭が開催される
明治 36年 1903年 皇太子 嘉仁親王(大正天皇)来県され、温泉に入浴せられる
明治 38年 1905年 陸軍療養地となる
明治 38年 1905年 日露戦争によるロシア兵捕虜も入浴する
明治 42年 1909年 伊藤博文、来松し温泉に入浴する
大正 2年 1913年 元農商務省技師 河野密、温泉増湯計画に関する調査を行う
大正 3年 1914年 神の湯源泉の増湯に着手する
大正 3年 1914年 又新殿の東北に、新たに新湯を増設する
大正 5年 1916年 農商務省技師 大築洋之助、増湯に関する調査研究を行う
大正 11年 1922年 砂湯・西湯を増設する
大正 11年 1922年 陸軍特別大演習のため、皇太子 裕仁親王(昭和天皇)、来松され道後温泉に入浴される

大正

12年 1923年 国有の温泉敷地が町に払い下げられる
大正 13年 1924年 養生湯を改築する
昭和 2年 1927年 ドンコ濛源泉の掘さく工事に着手する
昭和 2年 1927年 大衆用として、鷺の湯を開設する
昭和 10年 1935年 神の湯を曳移転し、男女二室に改造する
昭和 11年 1936年 道後温泉歴史資料展覧会を、開催する
昭和 14年 1939年 日本温泉協会学術委員理学博士 小林儀一郎、増湯に関する調査を行う
昭和 14年 1939年 当局 小林博士の調査に基づき、公会堂前を掘さくする
昭和 15年 1940年 道後公会堂前に、第二号源泉ボーリング成功する
昭和 16年 1941年 再び小林博士、源泉調査を行う
昭和 17年 1942年 第三号源泉ボーリング成功する
昭和 18年 1943年 東京帝国大教授理学博士 加藤武夫、掘さく予定地の調査を行う
昭和 20年 1945年 アメリカ軍先遣部隊、松山に進駐し、霊の湯・神の湯の一部・道後公会堂を接収する
昭和 21年 1946年 南海地震のため、温泉の湧出とまる
昭和 22年 1947年 温泉の湧出はじまり、入浴を再開する
昭和 24年 1949年 アメリカ進駐軍、霊の湯を返還する
昭和 25年 1950年 天皇来県し入浴される。湯祈祷を、温泉まつりと改称する
昭和 25年 1950年 古い湯釜を振鷺園から道後公園内に移し、湯釜薬師と呼ぶ
昭和 28年 1953年 椿の湯」を開設する
昭和 29年 1954年 湯釜薬師が県指定文化財となる
昭和 31年 1956年 新源泉の湧出による配分施設完成、各旅館の内湯を実現する
昭和 39年 1964年 温泉センター開業する
昭和 41年 1966年 財産区が廃止され、市の公営企業会計として運営される
昭和 41年 1966年 本館3階に、「坊っちゃんの間」開かれる
昭和 41年 1966年 大正5年の湯釜修理附属出土品が、市指定文化財となる
昭和 41年 1966年 宝暦10年(1760)乾厳の「伊予国道後温泉記」、明月上人の道後温泉詩巻、江戸後期の道後温泉絵図が、市指定文化財となる
昭和 43年 1968年 市の特別会計として運営される
昭和 59年 1984年 椿の湯を改築する
平成 6年 1994年 明治27年改築の神の湯棟が、築後百年となり、「本館建設百周年記念事業」実施
平成 6年 1994年 道後温泉本館が、国指定重要文化財となる
平成 8年 1996年 振鷺閣の刻太鼓が、環境庁(当時)の残したい「日本の音風景100選」に選定される
平成 9年 1997年 神の湯浴室改修その他工事(62年ぶり)
平成 12年 2000年 道後温泉本館総合診断の実施
平成 13年 2001年 市職員による「道後温泉本館保存修復検討会」の開催
平成 14年 2002年 学識経験者を含む「道後温泉本館保存修復計画検討委員会」の開催
平成 15年 2003年 本館を火災などから守るため、全館禁煙とする
平成 15年 2003年 愛媛県条例の改正を受け、入浴客の安心・安全を最優先に、塩素系薬剤による消毒を始める
平成 16年 2004年 「道後温泉本館保存修復計画検討委員会」より、松山市長へ中間報告がなされる
平成 16年 2004年 平成15年施行された「健康増進法」を受け、椿の湯を館内禁煙とする
平成 26年 2010年 道後温泉本館改築120周年を記念し、 「道後オンセナート 2014」開催
平成 27年 2015年 松山市道後温泉活性化計画審議会から「道後温泉活性化計画」と「道後温泉地域における総合的な対策」についての市長答申を受ける
平成 27年 2015年 道後温泉活性化計画」と「魅力向上・賑わい創りの総合的な対策」を策定する
平成 27年 2015年 蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」開催
平成 28年 2016年 「街歩き旅ノ介 道後温泉の巻」山口晃 道後アート2016の開催
平成 28年 2016年 松山市道後温泉活性化計画審議会から「道後温泉本館工事計画の基本方針」についての市長答申を受ける
平成 29年 2017年 道後オンセナート2018」プレオープン
平成 29年 2017年 道後温泉別館 飛鳥乃湯泉がオープン
平成 29年 2017年 天皇皇后両陛下が来県され、道後温泉本館をご視察になる
平成 29年 2017年 秋篠宮同妃両殿下が来県され、道後温泉本館をご視察になる
平成 29年 2017年 第4分湯場を改築する
平成 29年 2017年 椿の湯が改修、道後温泉別館 飛鳥乃湯泉がグランドオープンする
平成 30年 2018年 道後オンセナート2018」グランドオープン
平成 31年 2019年 「空の散歩道」リニューアルオープン、足湯を整備
平成 31年 2019年 道後温泉本館の保存修理工事を開始

お問い合わせ

道後温泉事務所
〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5-6(道後温泉本館)
電話:089-921-5141
E-mail:dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.