一遍上人と湯釜

更新日:2018年6月28日

一遍上人(いっぺんしょうにん)湯釜(ゆがま)

一遍上人(いっぺんしょうにん)は、西暦(せいれき)1239年、伊予(いよ)豪族(ごうぞく)河野通広(こうのみちひろ)二男(じなん)として、現在(げんざい)宝厳寺(ほうごんじ)のあたりに()まれました。その()出家(しゅっけ)して「(おど)念仏(ねんぶつ)」で民衆救済(みんしゅうきゅうさい)(こころ)()くし、諸国(しょこく)(めぐ)り、「時宗(じしゅう)」を開祖(かいそ)しました。
一遍上人(いっぺんしょうにん)最後(さいご)松山(まつやま)(もど)った(さい)道後温泉(どうごおんせん)湯釜(ゆがま)宝珠(ほうじゅ)に「南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)」の6()()いたと(つた)えられています。この湯釜(ゆがま)現存(げんぞん)し、道後公園(どうごこうえん)湯釜薬師(ゆがまやくし)としてまつられています。

お問い合わせ

道後温泉事務所

〒790-0842 愛媛県松山市道後湯之町5-6(道後温泉本館)

電話:089-921-5141

E-mail:dogojimu@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで