このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

検索について


  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント


本文ここから

城山公園(堀之内地区)

更新日:2016年8月16日

堀之内地区では、国指定史跡松山城跡の保存・活用と中心市街地に在る都市公園整備との調和を図りつつ、本丸・二之丸・高石垣などの史跡景観を眺望しながら市民や観光客が自由に集い憩える緑ゆたかな空間づくりを目指し、整備を進めました(第1期整備)。
※城山公園には、駐車場がありませんので、公共交通機関又は周辺の有料駐車場を御利用ください。

公園概要

やすらぎ広場(3.25ha)

やすらぎ広場の写真

松山城のお城山と豊かな緑を背景に天守や二之丸などの史跡景観が眺望できる憩いとやすらぎの空間として、芝生広場に休憩所、水飲み場を配置し、多彩なイベント開催も可能です。

ふれあい広場(3.32ha)

ふれあい広場の写真

家族や友人同士でキャッチボールなどの軽スポーツが楽しめ、各種イベント開催も可能な空間です。

さくら広場(0.84ha)

さくら広場の写真

多くの桜を植栽し、花見が楽しめる空間です。

城濠(3.74ha)

城濠の写真

長さ:東堀 405m、西堀 410m、北堀 400m
幅 :25m〜35m

利用のルールについて

松山市では、平成22年4月から9月に、市民の皆様にアンケートにご協力いただき、市民の皆様の御意見を反映して堀之内地区の利用のルールづくりを行いました。

※利用のルールに関するアンケートについては添付ファイルを御参照ください。

犬の散歩・軽スポーツ利用区域

※犬の散歩や軽スポーツができる広場は添付ファイルを御参照ください。

犬の散歩について

  • フンは持ち帰る。
  • リードで必ずつなぐ(長いリードは使わない。)
  • 芝生には入らない。

軽スポーツについて

キャッチボール(柔らかいボールのみ)、バドミントン、たこあげなどは上記添付ファイルの範囲で利用可能ですが、次のルールを守ってください。

  • バットは使わない。
  • 硬いボールは使わない。
  • 小さなお子様がいるところで、ボール遊びをしない。
  • ベンチ、樹木、照明灯などの近くで、ボール遊びをしない。
  • スパイクを履いての利用はしない。

広場利用について

城山公園(堀之内地区)でのイベント開催については、下記担当部門との事前協議の上、公園内行為許可申請などの諸手続きが必要です。詳細は添付ファイルを御参照ください。

維持管理マニュアル

堀之内について「21世紀の松山版セントラルパーク」として、市民アンケートを反映した「城山公園(堀之内地区)維持管理マニュアル」に基づき、公園利用者が、笑顔で、気持ちよく、憩いのひと時を過ごすことのできる公園として、皆さんの御協力を得ながら管理運営したいと思います。

※維持管理マニュアルについては添付ファイルをご参照ください。

松山市パークサポーター制度について

松山市では、城山公園(堀之内地区)の清掃、除草、植栽活動及び利用マナー啓発活動を行っていただけるボランティア団体を募集しています。詳細は下記リンク先を御参照ください。

松山市パークサポーター制度について

堀之内の整備と文化財保護法の制限

史跡指定について

 堀之内を含む城山公園は、江戸時代の城郭遺跡として全国的にも極めて貴重なことから、文化財保護法に基づき、昭和27年、国から「史跡」に指定されています。「史跡」とは、文化財の中で「貝塚、古墳、都城跡、城跡、旧宅その他の遺跡で我が国にとって歴史上又は学術上価値の高いもののうち重要なもの(法第2条、第109条)」と定義されています。文化財保護法では、史跡などの文化財は、我が国の歴史や文化の正しい理解に欠くことができないものであることなどから、国や地方公共団体に対しては、その保存などの徹底に努めること(法第3条)、国民に対しては、それに誠実に協力すること(法第4条)を求めています。

史跡と都市公園の範囲図
史跡と都市公園の範囲図

現状変更の制限について

 史跡に指定された土地では、建物や工作物の設置、地面の掘削などの現状を変えるような行為(現状変更)は、原則的に「文化庁長官の許可を受けなければならない(法第125条)」とされており、地下の遺構を破壊するなどの史跡の価値を損なう行為はもちろん、史跡の歴史的価値の向上につながらない行為も厳しく制限されています。

堀之内の整備について

 堀之内の第1期整備では、発掘調査成果を踏まえ、江戸時代の道を園路として生かすことを基本に行ってきましたが、具体的な整備計画の策定や工事の設計などに際しては、その都度、文化庁と協議を行い、現状変更の許可を受けて整備を行ってきました。その中で受けた主な指導内容は次のとおりです。

  • 便益施設(トイレや東屋など) 公園を利用する上で最低限必要となることから、景観への配慮や地下の遺構を傷めないよう掘削を浅くすることなどを条件に、設置が認められました。
  • 小規模遊具(すべり台やブランコなど) 史跡の保存や歴史的価値の向上につながらないことから、たとえ小規模であっても、設置の申請をすることさえ認められませんでした。
  • 大規模施設(文化施設やスポーツ施設、商業施設など) 史跡の保存や歴史的価値の向上につながらないことから、新設は認められません、また、既存施設については、当面現状のまま利用を図るものの、建て替えは認められません、との指導を受けました。

【よくある質問】堀之内にスポーツ施設を作れないのですか?

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

公園緑地課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館7階
電話:089-948-6519
E-mail:kouen@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表・24時間対応)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後9時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.