このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 産業 の中の 農林水産業 の中の 農地 の中の 農地中間管理事業で農地の貸し借りができます のページです。

本文ここから

農地中間管理事業で農地の貸し借りができます

更新日:2021年7月15日

農地中間管理事業とは?

農地中間管理事業は平成26年度に開始された農地の貸し借りの方法です。

公的機関の中間管理機構が、農地を貸したい地主と、農地を借りたい担い手の間に入って、農地をスムーズに貸し借りできるようにします。

農地中間管理事業のしくみ

農地中間管理事業の利用には登録が必要です

農地の貸付けを希望する地主および農地の借受けを希望する担い手は、あらかじめ農地中間管理機構に登録する必要があります。

農地中間管理機構への登録方法
対象となる方 提出書類 登録内容

農地の貸付けを希望する地主

・貸付希望農用地等の機構登録申請書
・固定資産税の課税明細書のコピー

貸付けを希望する農地の地番等

農地の借受けを希望する担い手

・農用地等の借受希望申込書

借受けを希望する農地の地域や条件等

登録を希望される方は、農水振興課に書類を提出してください。
パンフレットに申請書類の記載例、担い手の必要条件を記載していますので、下記パンフレットデータをご確認ください。
機構登録申請書の書き方(地主)・・・パンフレット9ページ
担い手に必要な条件・・・パンフレット11ページ
農用地等の借受希望申込書の書き方(担い手)・・・パンフレット14ページ

農地中間管理機構を利用するメリット

  • お申込みが簡単です
  • 公的機関なので安心です
  • 協力金を受給できる場合があります
  • 固定資産税の減税措置があります

こんな協力金があります

農地中間管理事業に関連する協力金をご紹介します。

地主向け協力金

経営転換協力金(国補助金)
取組み年度

令和3年度(1戸あたり上限50万円まで)

協力金単価 15,000円/10a
  • 農業から引退する地主や、自らは農業を行わない農地の相続人が、原則としてお持ちの農地の全てを担い手に貸付けすると、協力金を申請できます。
  • 複数の農業部門を経営されている地主が一部の農業部門を減らす場合も、減らす部門の農地の全てを担い手に貸付けると協力金の対象となります。
  • 経営転換協力金は1戸あたり50万円が上限です。

地域向け協力金

地域集積協力金(国補助金)

機構の活用率
(一般地域)

機構の活用率
(中山間地域)

令和3年度交付単価
20%超〜40%以下 4%超〜15%以下 10,000円/10a
40%超〜70%以下 15%超〜30%以下 16,000円/10a
70%超〜 30%超50%以下 22,000円/10a

50%超

28,000円/10a

  • 農地の集積、集約化に取り組み、機構の活用率が一定の割合を超えた地域は、協力金を申請できます。
  • 交付対象面積の1割以上が新たに担い手に集積される必要があります。
  • 地域集積協力金の申請には地域の合意形成が必要です。
  • 詳細については、下記パンフレット15ページをご確認いただき、農水振興課までお問合せください。

担い手の方向け奨励金

松山市水田農業担い手農地利用集積奨励金(市補助金)

借入れ方法と期間

通年借地
3年間以上6年間未満

通年借地
6年間以上

期間借地
6年間以上

交付単価

10,000円/10a 15,000円/10a 5,000円/10a

固定資産税の減税措置があります

対象となる方

所有する全ての農地(10a未満の自作地を除きます)を、新たに10年以上の期間、農地中間管理機構に貸付けた場合、貸付け期間に応じて農地中間管理機構に貸付けた農地の固定資産税が2分の1に軽減されます。

軽減される期間

貸付け期間と固定資産税の軽減される期間の関係
貸付け期間 10年以上15年未満 15年以上
軽減される期間 3年間 5年間
  • 都市計画税も軽減されますが、松山市では課税していません。
貸付時期と軽減年度の関係
機構への貸付時期 固定資産税の軽減対象年度
令和3年1月2日から令和4年1月1日 令和4年度、令和5年度、令和6年度、令和7年度、令和8年度
令和4年1月2日から令和4年3月31日 令和5年度、令和6年度、令和7年度、令和8年度、令和9年度

  • 赤字の年度は15年以上貸付けされた方のみが軽減の対象です。
  • この軽減措置の対象となる農地中間管理機構への貸付け期間の適用期限は令和4年3月31日までですが、2年ごとに国が延長の議論を行うこととしています。

機構への登録方法や協力金の詳細は

事業紹介パンフレット

松山市では事業の詳細を紹介するパンフレットを作成しています。機構への登録方法や補助金の詳細はパンフレットをご覧ください。

農地中間管理事業パンフレット

様式集

愛媛県の農地中間管理機構はこちら

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公益財団法人えひめ農林漁業振興機構

農地を借りたい方へ

農地を借りたい場合は農地中間管理機構の他に、農業委員会での手続きや、松山市内の農地の売買貸借(農業者向け)を利用する方法があります。詳しくはそれぞれのページをご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

農水振興課
〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7-2 本館8階
電話:089-948-6566
E-mail:nousuisinkou@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで



このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.