このページの先頭です
一人でも多くの人を笑顔に 幸せ実感都市 まつやま
サイトメニューここから
このページの本文へ移動
文字拡大 大 中 小 配色変更 青色背景に文字が黄色 黄色背景に文字が黒色 黒色背景に文字が黄色 音声読み上げ Multilingual モバイル サイトマップ

  • くらしの情報
  • 市政情報
  • 施設案内
  • 観光・イベント

現在のページ 松山市ホームページ の中の くらしの情報 の中の 暮らし の中の 食品衛生 の中の 食品情報 の中の 主な食中毒の種類とその予防方法 のページです。

本文ここから

主な食中毒の種類とその予防方法

更新日:2016年9月13日

各々の予防のポイントを確実に押さえましょう。

ポイント

項目

原因食品

菌の特徴

予防のポイント

その他

サルモネラ
Salmonella

肉類・鶏卵類及びその加工品

家畜、家きん、げっ歯類、イヌ、ネコなどのペット類からもしばしば検出される。
低温や乾燥に強い。

・食肉類の生食は避ける
・熱に弱いので75℃で1分間以上加熱
・食肉や卵を触った手や調理器具の十分な洗浄・消毒

殻を割った生卵や調理済みの卵料理を室温に長く放置しない

腸炎ビブリオ
Vibrio parahaemolyticus

海産性の生鮮魚介類及びその加工品
二次的に汚染された食品(主に塩分のあるもの)

海水程度(3%)の塩分でよく発育するが、真水では死滅する。
発育速度が速く、短時間で急激に増殖する。

・一貫した低温管理
(刺身4℃以下保存))
・真水(水道水)でよく洗浄
・二次汚染防止
・加熱処理

夏季に多発する傾向あり

黄色ブドウ球菌
Staphylococcus aureus

穀類とその加工品及び菓子類

人や動物の化膿巣や鼻咽喉内、毛髪等に広く分布する。
食品中に毒素(エンテロトキシン)を産生する。

・化膿巣のある者の調理従事を控える
・食品の温度管理徹底
・手指の洗浄消毒の励行
・残品再加熱はダメ

エンテロトキシンは耐熱性であり、100℃前後の通常調理では不活化しない

カンピロバクター
Campylobacter jejuni/coli

生食用の食肉(特に鶏肉)やその加工品
二次的に汚染された飲料水

家畜、家きん、ペット、野生動物等の動物の腸管に分布する。
水中でも生存している
低温には強いが、乾燥、加熱には弱い。

・バーベキューや焼肉の加熱不足に注意
・生肉を取り扱った後の手指、調理器具の洗浄消毒
・井戸水の管理の徹底

少量の菌で食中毒をひき起こす

病原大腸菌
Enteropathogenic Escherichia coli

人や動物の糞便により二次汚染された食品及び水

人を含めた各種動物の腸管に分布する。

・食品(特に食肉など)は、75℃で1分間以上加熱
・加熱調理済の食品が二次汚染されないよう注意
・水道水以外の水を使用する場合、定期的に水質検査の実施

未消毒の井戸水や食肉の生食は要注意

ノロウイルス

カキやハマグリの二枚貝(特に冬場)
人や調理器具を介して二次的に汚染された食品

海水中に存在するが、カキやハマグリなどに濃縮される。
低温には強いが、加熱には弱い。
10月から翌4月にかけて集団発生する。
人のみが感染する。

・調理の際や二枚貝などを触った後の手洗いの徹底
・加熱調理する場合は十分に加熱する。
・カキを生食する場合は「生食用」表示のものに限る

冬場に多発する傾向にある

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

生活衛生課 食品衛生担当
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所1階
電話:089-911-1808 FAX:089-923-6627
E-mail:hceisei@city.matsuyama.ehime.jp

この情報はお役に立ちましたか?

お寄せいただいた評価はサイト運営の参考といたします。
この情報は皆さまのお役に立ちましたか?4点満点で評価してください。

点数:

自由意見


本文ここまで

サブナビゲーションここから

食品情報

情報が見つからないときは

お気に入り

編集

サブナビゲーションここまで


このページのトップに戻る

松山市役所

〒790-8571 愛媛県松山市二番町四丁目7番地2
電話:089-948-6688(代表)
[開庁時間] 平日午前8時30分から午後5時まで(土日・祝日・年末年始を除く)
 ※施設・部署によっては異なる場合があります
[コールセンター(午前8時〜午後7時)] 電話:089-946-4894 ファクス:089-947-4894
※(1月1〜3日は休み)
Copyright © Matsuyama City All rights reserved.