家庭でできる食中毒予防について

更新日:2012年3月1日

 食中毒の発生件数がもっとも多いのは、飲食店と家庭です。家庭での発生は、私たち一人一人の心構えと努力で防ぐことができます。見た目の「きれいさ」よりも「衛生的」であることが大切です。
 食中毒から家族を守るために、以下の6つの具体的な予防方法を知り、実践しましょう。

食中毒予防

1.買い物をするとき

●肉、魚、野菜などの生鮮食品は新鮮なものを選びましょう。
●消費期限のあるものは必ず確認を
●購入したら、肉汁や魚などの水分がもれないように注意しましょう。

2.食べ物を保存するとき

●要冷蔵冷凍品は、帰ったらすぐに冷蔵庫に保存を(詰めすぎ注意、7割程度に)
●冷蔵温度は10℃以下、冷凍庫はマイナス15℃以下を目安に
●流し台の下に食品を保存するときは水もれなどに注意を

3.料理を始める前

●手を洗いましょう。
●肉、魚、卵などを扱ったあとや、動物にさわったり、トイレに行ったり、おむつ交換をしたり、鼻をかんだりしたあとは必ず手洗いを
●肉・魚の汁が、果物や野菜など生で食べるものや調理済み食品にかからないよう注意
●包丁やまな板は、肉や魚を切ったあとに一度熱湯で洗うこと(用途別に用意しましょう)
●凍結している食品の室温解凍は危険。(冷蔵庫、流水、あるいは電子レンジで)

4.料理をするとき

●加熱するときは、食品の中心部まで十分加熱を(75℃、1分間以上加熱)
●電子レンジを使用する際は、ときどきかき混ぜて、全体を加熱しましょう。
●調理前、調理後の食品は、室温に長く放置しないこと

5.食事をするとき

●食卓につく前には、まず手洗いを
●盛り付けは、清潔な手で、清潔な器具を使って、清潔な食器に
●温かい料理はいつも65℃以上で、冷やして食べる料理はいつも10℃以下が目安

6.食べ物が余ったとき

●残った食品は、速く冷えるように浅い容器に小分けしましょう。
●時間がたちすぎたら、思い切って捨てましょう。
●温め直すときは、75℃以上を目安に十分加熱を(スープ類は沸騰させましょう)

お問い合わせ

生活衛生課 食品衛生担当
〒790-0813 愛媛県松山市萱町六丁目30-5 松山市保健所1階
電話:089-911-1808 FAX:089-923-6627
E-mail:hceisei@city.matsuyama.ehime.jp

本文ここまで

サブナビゲーションここから

食品情報

情報が見つからないときは

よくある質問

広告枠

サブナビゲーションここまで